スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりきり舞い

2016年04月03日 07:00

しばらく二中記事を休んで長澤まさみちゃんに注力すると書いたが、都合により取りやめる。

というのは、大河ドラマ「真田丸」で、信繁の生涯のパートナーとなるヒロインきりを演じるというから毎週欠かさず視聴しているのに、さっぱりきりという人物の魅力が伝わってこないからである。

三谷幸喜作だからこういう展開もやむを得ないとわかってはいても、もう少し戦国の女性らしく描けないものか?

「あいわかった!」「承知!」などと時代劇らしい台詞が飛び交う中、なぜか長澤まさみちゃんだけは、「~だわ」とか「~よ」と、ひとり20世紀からタイムスリップしてきたような喋り方で、きりの個性を際立たせるためとしても、彼女ひとり浮いた感じが否めず極めて不自然、違和感しかない。

そのうちには、「父上、私は決してさぼってなどおりません」」とか、「信繁どの、あなたの武士(もののふ)としてのもっとうは何でございましょうか?」などと言い出しそうである。

関ヶ原合戦、九度山、大坂の陣と盛り上がる今後に期待するしかないわけだが、このままのきりだと、評判の芳しくなかった「天地人」の初音のような、どうでもいい忍者役とさして変わりのない評価を受けるかもしれない。

黒木華はそれなりに描けているのになぜ長澤まさみちゃんだけが・・・

演技力云々という話ではない。

女優としての素質がまたも開花せず不発に終わるのかと思うと製作者に対し怒りすら感じてしまう。

もの凄いこじつけで恐縮だが、この状態を郡山二中で例えると、音楽的素養のみならず容貌的素質まで備わった中学生が結集する合唱部を、一時しのぎにせよ、音楽顧問を置かずPL学園みたいに校長先生自らが指導しているようなものである。

「真田丸」PRのため出演した正月の討論会番組は観ていられなかった。

司会の大越健介と小野文惠が国際問題について、「いかがですか長澤さんは?」と何度も振ってくるのは意地悪に思えたし彼女が気の毒でならなかった。

大越と小野は人より頭が良かったから東大を出てNHKに入局したのだろうし、そうであれば社会情勢に詳しいのは当然と言える。

それに引き換え長澤まさみちゃんは、仮に頭脳は平凡あるいはそれ以下であっても、数万人に一人という群を抜く容貌容姿を武器に芸能界に就職、以来十数年感性を磨きながら若手女優人のトップをひた走っているのだ。

ただ番宣のためだけに出演した長澤まさみちゃんに、国際問題がわかるはずはないのだから質問する方が間違っている。

私の見る限り、どうも大越キャスターは長澤まさみちゃんに話しかけたくて仕方ないように見えた。

これは想像だが、東宝芸能が長澤まさみを売り込んだのではなく、NHKから強力なオファーがあったのではないだろうか?

私は長澤まさみちゃんの存在感はどこか二中合唱に通ずるものがあるように思っている。

テクニックの巧拙は二の次三の次、いつもの制服でステージに立ち、いつもの歌声を披露してくれるだけでその場がパッと華やぎ、安心と感動を覚えるような存在とでも言おうか。

だからNHKは二中が好きなのではないか、私は想像を逞しくしている。

東宝芸能は超優良株長澤まさみの現状を真剣に考えた方がいい。

私の胃をきりきり舞いさせるな!




       genbb
          間違いなく「世界の中心で・・・」を意識して撮っている


       vc44333
             屈指の名シーン 朔~胸あたる~? 



               
スポンサーサイト

新春に立てし誓いのまことかな

2016年01月11日 20:52

中学生の超絶合唱に脳みそを掻き回され、あれほど入れあげていた長澤まさみちゃんと疎遠になって早五年。

大河ドラマ「真田丸」では、これまでの忍者役とは打って変わって準主役級でお出ましになるというから、末端のファンとしては大いに期待するところである。

昨夜は彼女の名前を見逃すまいと、瞬きを忘れてクレジットに見入ったが、残念ながらきりの登場はもっと先になる模様だ。

「天地人」の時のように、テーマ曲が最高潮を迎えた瞬間、「きり 長澤まさみ」のクレジットが流れてくれると言うことない。

よし、今年こそは心を入れ替え本業であるまさみ道に立ち返ろう。

合唱も気になるところだがしばらくは静観だ。

まさみすとの名に恥じぬように!

中学生にイカれてる場合じゃない。



       13adfr.jpg
           モニカ様お離しになって!古美門のところに行くんだから!      


久しぶりに長澤まさみちゃん

2015年07月16日 20:59

久しぶりに長澤まさみちゃんについて書く。

二中にハマってからというもの、まさみちゃんとは自然と冷却期間をおいたような状態となり、ちょっと覚めた目で、少し距離をおいて眺めていたように思う。

いつだったか、台湾のドラマに出演している彼女を見つけた時はびっくり仰天、そこまで落ちぶれたかと心底ガックリしたものだが、フジの「若者たち2014」ではなかなかの演技を見せてくれて、さすがは女優だと私は彼女の成長を喜んだ。

この記事を書こうと思ったのは、先日発表された次期大河ドラマ「真田丸」の出演者の中に彼女を見つけたからである。

私は飛び上がるほど嬉しかった。

なんせ「天地人」から6年ぶりの大河ドラマ出演である。

このブログでもかなりレビュー記事を書いた。

ニュースによると今回はヒロイン扱いだというから、前回の忍者初音よりはるかに格が上がったことになる。

なにしろ「天地人」の初音は、時に可哀想と思えるくらい意味不明な役だった。

              tcj04-1.jpg
              たしか14歳という設定だったが、あまりにも無理がありすぎた

もちろんそれはそれで、何でもありの大河だと割り切ればそれなりに楽しめたのだが、掲示板等で初音不要論をたくさん見かけるのは、正直、ファンとしては辛かった。

もしこの作品が上手く行けば、いずれは主役、たとえば細川ガラシャやお市の方を演る時など、「ぜひ主演で」とお声がかかるに違いない。

ネット配信されたニュースから一部抜粋してみる。

「真田丸」目玉は長沢まさみ、大河離れ止まるか

発表された共演者21人のうち、目玉は長沢だ。
堺が演じる信繁の幼なじみで、後に側室となるきり役での起用。
06年「功名が辻」、09年「天地人」に出演しているが、初のヒロイン役で、屋敷陽太郎チーフプロデューサー(CP)は「長沢さんはみんなが好きな人。昔は男性ファンが多く、今は女性が憧れる。男性が恋をする相手女性を演じたら素晴らしいが、今度は男性を慕う演技を見てみたい」と期待している。
主演した13年TBS系「半沢直樹」で、最終回視聴率42・2%の堺と、長沢の組み合わせは、NHKの強い意気込みを感じさせる。


どうです、この扱い!(笑)

ただ、ひとつイチャモンをつけたい。

長沢まさみではなく長澤まさみですから!

以前から私が強く主張しているこの長沢問題、規制のある新聞紙面での「長沢」はしかたないとしても、なぜ自由が売りのネット上で「長澤」と表記しないのかわからない。

引用においては一字一句一切の変更を認めないという取り決めでもあるのだろうか?

まあネットニュースなんていうものは、所詮新聞テレビ報道のコピペ、受け売りでしかないのだから、カッカしてもしかたない。

日頃偉そうにマスゴミなどと叩く輩が集う「ネット上」の「ネット民」なんてものは、結局この程度で満足なのだろう。


それにしても長澤まさみちゃん演ずる、真田信繁の生涯のパートナーとなる「きり」なんて女性の名は初めて耳にした。

たしか「天地人」において、忍者初音は、実は城田優演ずる真田幸村の姉でもあったという突拍子もないストーリーだったように記憶しているが、今回はどうも実在した人物のようでその点は安心だ。

            tcj22-004.jpg
                 YES!               弟よ!                

真田信繁に堺雅人、兄・信之に大泉洋、父・昌幸に草刈正雄というキャスティング。

かつて「真田太平記」では、信繁役を草刈正雄が演じ、ドラマの主役があくまで兄・信之だったせいもあって、どちらかというと信繁は、戦(いくさ)大好き、政(まつりごと)苦手といったタイプに描かれていた印象がある。

さて今回堺雅人演じる信繁はどんな風に仕上がるのか?

個人的には、リーガルハイで共演した中村敦夫を昌幸役で起用しても良かったように思う。

なお「真田太平記」では、信之、昌幸をそれぞれ十津川警部、黒木警視正が演じた。

そのせいか私には真田一族というと、ドラマ「真田太平記」のイメージが強く、また池波正太郎の「真田太平記」も愛読したこともあって、今回の「真田丸」で三人がどう描かれ、長澤まさみちゃんがどう絡んでくるのか非常に興味がある。

キャストの中では唯一大泉洋だけが、思慮深い信之像をぶち壊しはしないかと心配だが、そこはさすがのNHKで、民放ではありえないくらいの超豪華キャストで脇を固めるようだ。

若手では「天皇の料理番」で名演技をみせた黒木華にも期待したい。

不安材料のひとつが三谷幸喜が脚本ということで、真田十勇士を跋扈させるんじゃないかという心配である。

戦国ものに間者がつきものだとしても、「天地人」でよく見られた妙な演出はコリゴリだ。

ところで、長澤まさみちゃん演ずるところの「きり」は、生涯のパートナーとはいえ、正妻ではなく側室ということになるのだろうが、では正妻は誰が演ずるのだろう?

兄・信之の正妻小松姫は、かつては紺野美沙子が、そして今回は吉田羊がキャスティングされた。

犬伏の別れ以降、「親子といえど入城まかりならぬ」と断固昌幸を拒絶する小松姫、勝ち気そうな吉田羊にピッタリだ。

「黒井巡査部長」ふうに、「真田左衛門佐殿」とか言い出しそうである。(笑)


来年1月スタートの「真田丸」。

長州人のくせに「花燃ゆ」をまったく見なかったこともあって、私には「龍馬伝」以来の大河である。

アイドル跋扈の何の感動もない三流ドラマが多い昨今、せめて伝統ある大河、日曜劇場には良いドラマがないと淋しい。

いい作品かどうかは別にして、「天地人」「ぼくの妹」に長澤まさみちゃんが出ていた頃は日曜日が楽しかった。

これでつらい日曜夜も救われる。

いい意味でも悪い意味でも、当分は長澤まさみちゃんにきりきり舞いさせられそうだ。

 tcj19-2.jpg tcj19-13.jpg
      本能寺のヘンでは、信長を逃がそうとしたり、明智光秀を絞め殺そうとしたりと、大活躍の初音でした



 

橋の上のまさみ

2010年12月13日 21:54

今日は本業の?長澤まさみちゃんやります!

ここ何週か、「ドラゴン桜」が再放送されており、ライブラリーとして録画保存している。

第9話まで見たが、気づいたことがあったので書いておく。

しょうもないことなんですけど・・・

長澤まさみは橋の上でもいい演技をする、という第2法則である。

ちなみに、病院では決まっていい演技を見せるというのが第1法則。

母親が病気で倒れ、東大受験を断念すべきか大いに悩むまさみちゃんが、橋の上で山Pに苦しい胸の内を告白しそうになる場面である。

結局は言い出せず山Pの胸で泣いて終わるのだが、なかなかに魅せてくれる場面だった。

個人的意見とお断りしておくが、山Pと共演したプロ大より余程まさみ姫の魅力が伝わってくると感じた。

まさみちゃんは病院だけでなく橋の上でも名場面を演じ、私の記憶に強烈な印象を残してくれるのである。


           hashi2.jpg
            今回気付いた名場面 (ドラゴン桜9話)

           imoutohashi2.jpg
            これも屈指の名場面 (ぼくの妹1話) 

           sekachu76.jpg
            君が乗ってるとこ見かけたことあるのよ! (世界の中心で、愛をさけぶ)
            私はこれでやられました(笑)

           jinnja1.jpg
            ロケ現場 亜紀はこの階段を駆け下ります 
            かろうじて橋の上と言えるのではないでしょうか






長澤興行株式会社(証券コード0603)

2010年08月24日 22:15

「GOLD」見てますか?

私は裏番組の、NHK「みんなでニホンGO!」を見ております。

ファンとしてあるまじき行為ですよね。

申し訳ありません。

録画しているのは、CMカットした46分をあとでゆっくり楽しみたいからなんです。

私みたいな視聴者がたくさんいるから、平均視聴率が思わしくないんでしょうね。

ただ「GOLD」の場合、明らかな下降トレンドで、一向に下げ止まらないというのがチト気になります。

視聴率といえば、ご丁寧にドラマ視聴率を作品毎に折線グラフに記録している人がいるんですねぇ。

それを見て思ったのが、折線グラフなんて単純なものじゃなくて、株価チャートのように作れないかということ。

もっともそれにはデータが必要です。

放送開始時の視聴率、放送終了時の視聴率、時間内最高視聴率、時間内最低視聴率、この4つが分かれば簡単なんだけどね。

そうローソク足を作るんです。

そうするとですよ、トレンドもわかるし、移動平均かなんか算出して、やれゴールデンクロスだ、デッドクロスだとか、いろいろ楽しめるんですがね。

長澤まさみちゃんは10年選手でドラマ出演も相当あるから、かなりのデータがあるはず。

それをプロットしていったら面白いものが出来ると思う。

なぁに、簡単なエクセルですぐ出来ますよ。

えっ、表計算ソフト使ったことない?インターネットとメールしかやったことないっていうんじゃないでしょうね?

お子様は別にして、まさかこのIT時代にそんな人はいないか。

この記事を読んでる人で暇で暇でしょうがないんだけど、という人がいたら、是非まさみちゃんの視聴率チャートを作って欲しい。


あ、こんなこと言ってますけど、本当はあんまり視聴率なんて気にしちゃいないんですよ。

放送業界とは何の関係もない素人に限って、異常に視聴率を気にする傾向にあると私は考えています。

視聴率には無視出来ないくらいの大きな誤差があるということは誰でも知っていると思うけど、にもかかわらず、一桁台に落ちた○ソドラマだとか言うアホウな人間がいて嫌になる。

筋書きが複雑で焦点がボケて面白くない、悪く言えばグダグタになったからツマラない、あるいはネットでの評判もあまりよろしくないという理由で○ソドラマだと決めつける人には、単純極まりないアンタの脳味噌こそが○ソなんだよって言ってやりたい。

味噌○ソ一緒って言うでしょ。

野島色の濃い「GOLD」は決してダメダメではないぞ!

なんかだんだん腹がたってきたので、今日はこのへんで。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。