スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレの神様

2010年12月26日 12:22

「トイレの神様」という歌を気に入っている。

メロディー自体は、どっかで聞いたことのあるフレーズをかき集めたらこうなったという感じだが、まぁこの歌は歌詞が真髄だろうから、それでもいい。

“毎日トイレをきれいにしたら別嬪さんになるんやでー” 

私は、“便所をきれいにする娘は玉のような子供を生む” たしかそう教わった。

誰に教わったか覚えてないが、おそらく親か教師だろう。

トイレ掃除に励む → 心も磨かれる → 美人になる → 可愛い子供が生まれる

そんな流れかもしれない。

子供に手伝いをさせるという目的からすれば、「別嬪になるんやでー」と教えたほうがいい。

私的には、“本人が美人になる” より “その子供が美人になる” の方が趣があるように思うが。


「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」にも、“便所掃除” が出てくる。

マドンナすみれ(伊藤蘭)が入学した夜間高校の授業で、国鉄職員による「便所掃除」という詩が読み上げられる。

『便所を美しくする娘は美しい子供を産むと言っていた母を思い出します 僕は男です 美しい妻に会えるかもしれません 』

朗読の後、生徒たちは深い感動と余韻を味わう。

山田作品らしい名場面である。

朝帰りをしたすみれに怒る寅次郎のセリフも印象的だった。

「幸せになれるんだろうな、おめえ」 「もしならなかったら、オレは承知しねえぞ」 そして優しく、「いいな」

こういう時の寅次郎はとってもかっこいい。

言葉少なに、決して難しいことは言わない、それでも鬼気迫るものがある。

こんな芸当が出来るのは高倉健と渥美清くらいか。


それにしても昔の人は本当に良いことを言う。

「トイレの神様」で初めてこの言い伝えを知ったというアホウは少ないと思うが、そうであれば明らかに情操教育が不足ということになる。

「流浪の民」を聴いて、浮浪者が森の中で焚き火をしているシーンを思い浮かべる人がいるというからコワイ。

「故郷」は、都会に出たはいいけれど上手くいかなくてホームレスになった人が故郷を思い涙する歌だそうだ。

こういう感覚ってオモシロイけれども、その人の荒涼とした心の中を覗いてしまったようでなんともツライ。


長澤まさみちゃんの実家も、新垣カオルさんの家も、トイレはピッカピカに輝いているに違いない。

さあ、俺もこれからトイレの大掃除だ!



スポンサーサイト

また逢ふ日まで ♪

2010年09月18日 11:20

いつだったか母親と唱歌についてあれこれ話していた時のこと。

「春の小川」は今みたいな歌詞じゃなく、

  春の小川は さらさら流る
  岸のすみれや れんげの花に
  にほひめでたく 色うつくしく
  咲けよ咲けよと ささやく如く

と歌っていたらしい。

そういえばテレビでそんな話を聞いたことがあったっけなぁ。

直近のことはすぐ忘れるくせに、昔のことはシッカリ覚えているようだ。


「桃太郎さん」の歌詞は自分でも意外だった。

母はこんなふうに歌った。

 桃太郎さん桃太郎さん
 お腰につけたきびだんご
 一つわたしにくださいな
 
 やりましょうやりましょう
 これから鬼のせいばつに
 ついて行くならやりましょう

私は40年あまりずっと、あげましょうあげましょう♪ と歌っていたぞ!

花に水をあげるだの、犬にご飯をあげるだの、最近当たり前に使われているこんな表現は、口が裂けてもしない私であるが、この歌に限っては何の疑問も持たなかった。

誰だッ! 私に間違った歌詞を吹き込んだのは!

手下のサルや犬に、きびだんごを“あげる”のはオカシイだろう! (自分でも気付けよッ!と自己反省)

少なくとも40年も前からこんな間違った言い方がされていたのかと思うと、教育の力って本当におそろしい。


「神ともにいまして」という賛美歌が昔からのお気に入りだそうで、アンタ知ってるか?と訊いてきたので、YOUTUBEで調べてみた。


          
           またオー日までー♪ と、3番は鼻濁音が多いから注意して歌って欲しい
           参列者の方、そのへんのところよろしくネ


聴いたことのある曲だが、私は「いつくしみ深き」(星の界、あるいは星の世界とも言われる)の方が好きかな。

この曲も、また逢う日まで~また逢う日まで~♪ は、またおう日まで~またおう日まで~♪ と歌ったそうである。

考えて見れば文語の世界なのだから、またあう日までだけが口語体ではおかしいし、格調がグーンと下がってしまう。

合唱隊の中に、いきなり尾崎紀世彦がマイクを持って現れた感じ、とでも言ったらいいのか・・・

ここは絶対、またおう日まで~ と歌うべき!そこだけは二人の意見が一致した。

ちなみにこの曲はキリスト教の葬儀でよく歌われるそうで、私の葬儀の際は是非参列者の方々に歌っていただきたいものである。

仏教徒の葬儀用音楽として「涙そうそう」とどちらがふさわしいのか、考えるところではある。




東宝カンバン娘

2010年09月04日 20:40

しつこいですけど、水森かおりをもう一発やります!

こんな歌も歌っていて、これがまたイケルんです。


       tukigatottemo1.jpg
         水森かおりプロ エンターティナーです


       
         NHKなので商品名が出てくる4番は歌えません


       4番は・・・

       カルピス飲んでカンカン娘
       ひとつグラスにストローが二本
       初恋の味 忘れちゃいやよ
       顔を見合わせ チュウチュウチュウチュウ
       これが銀座のカンカン娘


    というわけで・・・    こちら “東宝カンバン娘” でございます (笑)

                 nishinihonn1.jpg


            calp55.jpg
              オネーサンがよしながさゆりさんなの?
              よく似てるけど違うのよ 長澤まさみって言うの 覚えとこうね

    

まさみ・かおり・まりや

2010年09月04日 13:54

長澤まさみ、水森かおり、竹内まりや、夏川りみ・・・   私はひらがな名前の女性を好きになるようだ。

他にも、綾瀬はるか、石原さとみ、はしのえみ、道重さゆみ、山口もえなど、枚挙にいとまがない。

堀北まき、相武さき、加藤なつき、上戸あや、なんてことになれば嬉しいが、浜崎あゆみだけは即刻漢字に改めて欲しい。

※追記

すいません。貫地谷しほり、宮崎あおいを忘れてました。


さて水森かおりについてである。

本当のプロってこういう歌手をいうのだろうと思う。

森昌子や夏川りみのような、透き通った美声の持ち主というわけではないが、聴く者の心に訴えかけるその声質は彼女独特のものかもしれない。

迫ってくるというか、心にしみ入る歌を歌える数少ない歌手のひとりだ。

滑舌がいいからテロップなしでも十分歌詞がわかる。(○○○ちゃんに指導してやって欲しいくらいだ)

曲によって使ったり使わなかったり、自由自在に鼻濁音を操っている。

きちんと歌唱指導を受けた歌手はこういうところでもでわかる。

おそらく楽譜だって読めるはずだ。

歌唱力のある歌手は、歌は上手いが作曲が出来ない。

シンガーソングライターは、作品は作れるが歌は下手くそ。

これが一緒になるといいんだが。


水森かおりは、「ご当地ソングの女王」と呼ばれているらしい。

恋にやぶれた女性が全国各地を旅して心の傷を癒す、そんな内容の歌が多く、私は “おんな寅さん” と呼んでいる。

何年も連続して紅白出場しているし、そこそこ有名な曲もあるようだが、私の好みではない。

今の演歌然とした歌はやめて、もう少しサラッとしたフォーク調の曲に変えたら上手くいきそうな気がするんだが・・・

それかいっそのこと、リバイバル曲を歌うかした方がいいと思う。

なんたって歌は抜群に上手いんだから、あとは曲次第だ。

お薦めはたくさんあって迷ってしまうが、あえてBEST3をあげるなら、「池上線」 「知床旅情」 「難破船」かな。


      
      圧倒的な歌唱力に鳥肌がたった もとい感動した!
      1分42秒 君は出てゆく峠を越えて♪ はサスガである (わかるかな?)
      息継ぎのうまさ、とうげの発音ですね (平原綾香や一青窈は見習って欲しい)
      地名の入った歌を歌わせたら右に出る者はいない      


     
      折れた翼広げたまま♪ 中森明菜の声にそっくり
      明菜は何を言ってるのかテロップなしではわからなかったが、この人はそんなことはない
      顔はムコウが上かもしれないが、歌は断然こっちが上手だ!
      NHKホールで、かおりッ!と叫んでみたい


ヒット曲に恵まれさえすれば、この人絶対平成を代表する歌手になる! そう断言してもいい。


話は急に変わるが、この後「はねるのトびら」の再放送がある。

長澤まさみちゃんと山Pのシーンが見られるようなので楽しみだ。





池上さんより池上線

2010年09月04日 10:17

        
        


最近ハマっているのが「池上線」

歌詞がいい! 水森かおりがいい!

大ヒットした「私鉄沿線」「あずさ2号」はもちろん当時から知っていて、カラオケで熱唱することもある。

同じ頃流行ったこの曲だが、なぜか今まで知らずにいた。

フォークと演歌が混ざったような曲調が、若い頃の自分を遠ざけたのかもしれない。

しかしリッパな中年となった今、ようやくこの曲の良さが理解できるようになった。

サラッと歌う西島三重子もいいが、ねちっこい(失礼)水森かおりバージョンの方が私は好きだ。

若いんだか年取ってんだかよくわからない顔の水森かおりだが(夏川りみと同い年)、歌唱力は天下一品である。


  話す言葉をさがしながら~♪  白いハンカチを握りしめたの~♪  池上線に揺られながら~♪

きちんと訓練された歌手の発する鼻濁音はとてもきれいで、私は毎夜聴き惚れている。

泣いてはだめだとハンカチを握りしめる時は、“ にnぎり ” しめなければ、その悔しさ悲しみは伝わってこない。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。