スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長澤まさみの「タイトル未定(仮)」 聴いてね

2008年09月28日 11:49


http://www.mncast.com/search/_xmlhttpSearch.asp?stSearchType=1000&stSearch=%ED%FE%F7%CA%AA%DE%AA%B5%AA%DF

長澤まさみのラジオ、「タイトル未定(仮)」をネットで見つけました。
最近の分がないのが残念ですが、よかったら聴いてみて下さい。


昨日から急に秋になりました。そろそろ金木犀も香り出すでしょう。いい季節になりました。

スポンサーサイト

「隠し砦の三悪人(黒澤版)」を見ました

2008年09月21日 10:49


            「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」のまさみちゃん


昨夜、NHKBS2で黒澤明の「隠し砦の三悪人」を見た。
台風の余波なのか21時過ぎから大雨が降りだし、TV画面が「降雨対応」になってしまった。
そのため前半30分は半分モザイク状態での視聴となった。

戦国時代、戦いに破れた武将(三船敏郎)が、御家復興のための隠し黄金と、秋月家の雪姫を連れて、知恵と武力で敵地をかいくぐるという痛快時代劇であるが、いやぁ面白かった。
黒澤映画って初めてだったけど、あっという間の2時間だった。

武将(三船敏郎)と、強欲な百姓二人(千秋実・藤原釜足)で三悪人であるが、三船が、疾走する馬上で手綱から手を離し、刀を振り上げるシーンは戦国武将そのものであったし、千秋、藤原も小市民の素朴さ、いやらしさといったものを十分に表現していた。

それ以上に印象に残ったのが、雪姫役の上原美佐という女優である。
短大生だった彼女が東宝の社員にスカウトされ、急遽雪姫を演じることになったそうだ。
そのせいか台詞もどちらかというと棒読みに近い。 
しかし凛とした気高さを持ち合わせた彼女に、雪姫はぴったりの配役である。

また彼女のスタイルにも驚かされた。戦国時代にこんなモデルみたいなやつがいるかと思わせるほど足が長い。長澤まさみちゃんも相当に長いが、この作品は50年前の1958年である。


ご案内のことと思うが、今年5月、「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」が封切られた。
三悪人は、阿部寛、松本潤、宮川大輔の3人。そして雪姫は、われらが長澤まさみちゃん。
長澤ヲタとしてはまだ見てないのが恥ずかしいのであるが、DVD化されたら必ず見ます。

リメイク版ということで、どうしても黒澤版と比較されるからか、あまり評判が宜しくない。
しかしどんなストーリーが繰り広げられようとも、私にとって大事なのは、長澤まさみちゃんが
どんな雪姫を見せてくれるか、である。

阿部寛や、國村 隼、生瀬 勝久も好きな俳優であり興味はあるが、彼等は作品全体のレベルを決めるための役者であり、松本潤と宮川大輔はまさみちゃんを引き立たせるために存在するのだと考えている。

それにしても、まさみちゃんは「嵐」と縁があるなぁ。二宮といい、松潤といい・・・・

どうでもいい話だけど、黒澤明って、なんか長澤和明(まさみパパ)に似てない?

長澤まさみちゃんも活躍ですよ!

2008年09月20日 07:13


       「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」のまさみちゃん


☆長澤まさみ『そうか、もう君はいないのか』に出演! 

城山三郎が、先立たれた妻容子さんへの思いを綴った回想録「そうか、もう君はいないのか」を、TBSがドラマ化したもので、主演の城山三郎役は田村正和、奥さんの容子役は富司純子がそれぞれ演じる。
その他、檀れい、橋爪功、中村勘太郎、長澤まさみ、田中哲司、福田麻由子、キムラ緑子、西尾まり、皆川猿時、神尾佑。 

肝心の長澤まさみちゃんは何をするのか思ったら、奥さんの若かりし頃の役とのこと。
まるで「世界の中心・・・」ではないか。

今年6月末に「ただ一人“おい”と呼べる君へ~城山三郎 亡き妻への遺稿~」 という番組がNHKのBShiで放送された。
高橋長英と岩井友見が夫婦を演じ、実際の家族らの証言を交えたドキュメンタリータッチの作品で、高橋長英らしく、決して大きな声ではなく飄々と信念を貫く姿が印象的な作品だったと記憶している。

田村正和、西尾まり、とくると「パパはニュースキャスター」を想い出してしまうが、まさかネ・・・・・

「世界の中心・・・」の長澤まさみが再現されると、一体このドラマは誰が主人公なのかわからなくなってしまいそうだが、そこはあの田村正和である。彼の強烈な個性は、まさみちゃんの際立った存在感があったとしても決して負けることはあるまい。

それにしても、田村正和、長澤まさみといった芸能界トップの美男美女が演じることに、天国の城山夫妻はきっとくすぐったい思いをしているだろう。

それとこの作品の演出は、「涙そうそう」「いま、会いにゆきます」の土井裕泰氏であることを付け加えておこう。

放送日が今から楽しみである。


追記:
今夜NHKBSで、黒澤明特集「隠し砦の三悪人」が放送されます。長澤まさみ版?と比較してみるのも一興です。

竹内まりやさん大活躍です

2008年09月15日 08:50


長澤まさみさんがお休みのため、竹内まりやさんにお越しいただきました。
 
今年はデビュー30周年で大活躍の年になりそうだ。
たまたまホームページを見ていたのだが、9月以降の予定だけでもこんな感じである。

☆竹内まりやの楽曲を原作とした記念ドラマが放送決定!

 TBS系にて10月6日から3夜連続放送
 10月6日(月)23:54潤オ 第1夜「カムフラージュ」(主演:加藤ローサ)
 10月7日(火)24:19潤オ 第2夜「元気を出して」(主演:伊東美咲)
 10月8日(水)23:54潤オ 第3夜「純愛ラプソディ」(主演:財前直見)

☆竹内まりや デビュー31年目のスタートは、NHK連続テレビ小説の主題歌に決定!

 9月29日(月)からはじまるNHK連続テレビ小説「だんだん」の主題歌を
 竹内まりやが担当。タイトルは『縁(えにし)の糸』
 連続テレビ小説79作目となる「だんだん」の舞台は、島根県と京都
 人と人を結ぶ見えない縁の糸をテーマに竹内まりやが書き下ろした新曲で
 シングル盤として今年の11月に発売の予定
 また、この「だんだん」ではナレーションも竹内まりやが担当

☆デビュー30周年 初のコンプリートアルバム
 「Expressions」(エクスプレッションズ)10月1日発売!

☆竹内まりやの楽曲で構成されるミュージカルが決定!
 主演には、あややこと松浦亜弥
 
☆TBS系昼ドラ『ナツコイ』の主題歌「夏のモンタージュ」を提供!


 何年か前にもアルバムが売れに売れて長者番付に名前があがったが、今年の
 まりやもやってくれそうな予感がする。
 大きなお世話だが、夫婦でそんなに稼いでどうするのだろう?
 創作意欲というものがあって、お金云々は関係ないのだろうが・・・・・うらやましい。


昨夜、「長澤まさみ タイトル未定」を聴いた。
混信のため、まさみちゃんの声が波打つように聞こえたがなんとか聴く事ができた。
テレビで見る彼女のイメージとはかけ離れ、やっぱり二十歳の娘だなと思わせる
きゃぴきゃぴした今風な話し方であり、内容もそれなりだった。

正直に言う。聴くんじゃなかった。
よって今日は彼女にお休みしてもらったという訳である。

長澤まさみ タイトル未定(仮)

2008年09月14日 12:13

    122908615949425dcf80659.jpg

    「いいとも」出演中のまさみちゃん(2004年)

ニッポン放送で、毎週日曜22:00から「長澤まさみ タイトル未定」という番組が放送されている。調べてみると、オールナイトニッポンから引き継がれた番組で、放送開始からだいぶ時間がたっているにもかかわらず未だに番組名が決まっていないらしい。

中国九州地方のラジオ局はネットしていないようなので、残念ながら我家での聴取は不可能。
そこで今日は近くの高台に行き、車のラジオで聴いてみようと思う。1242にチャンネルを合わせれば夜間でもあるしなんとかなるのではなかろうか?

そういえば高校生の時、三雲孝江の番組が聴きたくて、勉強ほったらかしで、TBSに周波数を合わせ雑音だらけのラジオに耳を傾けていたことがある。懐かしい。

素のまさみちゃんが聴けて、東京の人がうらやましいよ。

来月より「フレッツ光」に移行するのに伴い、パソコンのスペックアップをしておこうと思いとりあえずメモリーを増設してみた。(512M → 1G ちなみにOSはXP)

作業時間はほんの5分で、メモリー増設がこんなに簡単だとは知らなかった。
(業者にやってもらうと部品代1600円+3000円の工賃がかかるらしい)

結果は良好で、ネットでの画面表示が速くなり、画像処理ソフトでの画像表示が格段に速くなった。
もっと早くやればよかった。

次はフレッツ光対応のための、MTU,RWIN調整に挑戦してみようと思う(やるとやらないでは随分スピードが違うらしい)。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。