スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月31日 大晦日

2008年12月31日 22:18

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

長澤まさみさま、よいお年をお迎え下さい。

2008年12月31日 09:06

                    masami042.jpg
                     ビッグなプレゼントです(でかいぞ)


今年の最大の収穫は、長澤まさみという人物に出会えたことである。

もちろん「世界の中心で、愛をさけぶ」がヒットした頃から、「セカチュー」という言葉と彼女の名前くらいは耳にしていた。

だが邦画をあまり見ない私にとっては単なる一女優にしか過ぎず、「セカチュー」も見ることなく、映画の内容よりもむしろ、平井堅の歌う「瞳をとじて」の方に関心があったくらいだ。

今年のはじめ頃、偶然だったと思うが、「綾瀬はるか応援ブログ」というサイトを何気なく見ていた。

綾瀬はるか主演のドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」がいかに感動的であったかが何ページにもわたり書き連ねてあり、そんなにいいものなら、と動画サイトで探しだし私も視聴してみた。

これがこれが・・・ 実に感動的で、久しぶりに感涙のドラマに出会った。

綾瀬はるかに随分泣かされ、こんな女優がいたのかと、日頃あまりテレビを見ない私には新鮮であり強烈な印象を持った。

もちろんDVDをレンタルし全部コピーしたのはいうまでもないし、ドラマ「鹿男あおによし」も、綾瀬はるか狙いで見た。

その頃私の心の大部分は綾瀬はるかで占められていた。

それが、いつだったかよく憶えてないのだが、いつもの様にBSの番組表を見て録画予約するものを探していた時、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の文字が目に入った。

ドラマでの感動があまりに大きかったため、映画の方はいまさらながらと思ったが、一応見てみるかと軽い気持ちで予約をし、後日再生してみた。

よく作曲家や歌手が、初めてBEATLESを聴いた時はショックだった、などという言い方をするが、私は長澤まさみという女優を見て、心が宙に浮き、ふにゃふにゃと足腰の力が抜けそうになった。度肝を抜かれたといっていい。

長澤まさみは、綾瀬はるかの存在を一瞬のうちに吹き飛ばし、私の心を占領し始めた。

冷静に考えて綾瀬版「世界の中心で、愛をさけぶ」は高く評価できるドラマだと思うが、綾瀬はるかが100人束になってかかっても、「セカチュー」の長澤まさみの存在感には太刀打ちできないように思う。

大袈裟にいえば、生涯で出会えるか出会えないかの素晴らしい女優が私の前に現れたのだ。

それから彼女のことをいろいろとネットで調べ、DVDで作品を鑑賞し、放送中の「ラストフレンズ」を毎週欠かさず見るようになった。

見れば見るほど彼女の虜になっていく自分がいた。

よく四十過ぎて女に狂うと手に負えないなどというが、私も例外ではなかったようだ。

バーチャルな世界は周囲の人を傷つけないかわりに、喜びも空疎というか掴みようがない。

それでも構わない。

長澤まさみちゃんを見ている(拝んでいるといってもいい)だけで心が和み、嫌な現実から私を救ってくれる救世主、女神なのである。

もし【長澤まさみ教】という宗教があったら、間違いなく入信していたはずだ。(そういえば、なぜ彼女には正式なFanClub がないのだろうか?)


来年も引き続き彼女を応援していく。

仕事始めは元日深夜のオールナイトニッポンで、時間が時間だけにつらいものもあるがこれも修行のうち。


長澤まさみさま、今年一年本当に有難うございました。

来年も美しいお姿を拝見できたらこれにまさる幸せはありません。どうかよいお年をお迎え下さい。



ついでにこのブログを読んでくれているみんなもよいお年を!来年もヨロシクね!      

                                                        草々



長澤まさみがいっぱい

2008年12月30日 22:12

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

12月29日

2008年12月29日 23:59

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

長澤まさみちゃん見納めは涙そうそう

2008年12月29日 11:26

                 PDVD_006.jpg
                こんな妹がいたら・・・・と考えない男はいない
                思いっきり悲しいのに、けしからんことを考えてしまう映画です


長澤まさみさん、見納めは大晦日深夜、映画「涙そうそう」です


今年の長澤まさみちゃんの見納めは、12月31日深夜2時からBS-iで放送される、映画「涙そうそう」である。(正確には2009年第1弾)

それにしてもTBSは「涙そうそう」が好きだなぁ。何度放送されたことか。

いや「涙そうそう」だけではない。「世界の中心で、愛をさけぶ」も「深呼吸の必要」もBS-iだった。

1月12日には同じくTBSでまさみちゃん出演のドラマ「そうか、もう君はいないのか」が放送される。

TBSも長澤まさみちゃんが好きなのか?(エライぞ)

いっそのことイメージキャラクターに起用してはどうか。

同じ時間帯にBSジャパンは映画「神童」をぶつけてくるが、そっちも見たいので録画しとこう。

大体BSは、同じ映画をそう間を空けず再放送することが多いが、「神童」もそのひとつ。

BSが始まって既に7、8年くらいたつと思うが、番組が地上波ほど充実していないといわざるをえない。

昼間は特にひどく、通信販売の番組だらけである。

よく公共の電波といわれるが、その公共の電波を通信販売会社に数時間もの間独占させて問題ないのか。

放送法で番組中に流すことの出来るCMの時間はどのくらいまでと定まっているはずだ。

通販番組それ自体が番組ということになっているため問題ないということだろうが、普通に考えてあれはコマーシャル以外の何ものでもない。

私に言わせれば昼間、深夜の時間帯は大半がCMをやっているようなものだ。

もちろん通販番組を楽しみにしている視聴者もいるだろうが、公共の電波をどう考えるのか。

経営のため、というのが民放各局の言い訳だ。

電波の有効利用のために国策で地上波デジタル放送を推進するのだったら、地上波と衛星電波の違いは有るが、そちらの方も無駄な電波利用は禁止するよう取り締まって欲しい。

法律上の規制がどうなっているのか知らないが、民放大手5社は各々BS放送も行っているのだから、地上波とのサイマル放送を増やしたり、各局製作のドラマを再放送したりして、昼間や深夜の時間帯を充実させられないものか。

そうすれば同時に地デジ難視聴地域の解消にも役立つと思うのだが。

BSは優れた電波特性を生かして早い時期から高画質、高音質で番組を製作してきたし、実際に音楽、映画、ドキュメンタリーなど、魅力ある番組も多い。

そんなBS放送に大いに魅力を感じている私でさえ、「○○ショッピング」 の字幕が目に入っただけでチャンネルを地上波に切り替えてしまっている。

NHKも例外ではなく、「BS1」「BS2」「BS-hi」と3チャンネルも放送しているが、私の見る限り持て余しているとしか思えない。

公共放送だからCMこそ流していないが、番組宣伝の時間がやたらと目に付く。

例えば「天地人PR」。この10分間の番組を何度見せられたか判らない。

なぜこのPR番宣を私が何度も見たかというと、いうまでもなく長澤まさみちゃん演じる初音が紹介されるからである(わずか30秒くらいだが、あと相武紗季ちゃんも見られるよ)。

地デジ放送へ移行する今、NHK、民放とも番組編成を見直すいい機会なのだからしっかり頭をひねってもらいたい。
                                                      
                                                            草々





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。