スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の、世界の中心は、まさみちゃんだ。

2009年04月29日 16:26

BS2でやっていた「僕の、世界の中心は、君だ。」を見た。

言うまでもなく、「世界の中心で、愛をさけぶ」のパクリというか、韓国リメイク版。

                     bokunosekaitop.jpg

長澤まさみ主演(私はそう思っております)の映画「世界の中心で、愛をさけぶ」と、綾瀬はるか主演のTBSドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」と、原作小説を足して3で割ったような作品、というのが第一印象。

ビビンバが代表するように韓国はとにかく「混ぜる文化」だという話を聞いたことがある。

この作品もまさにビビンバ状態で、混ぜて混ぜてこねくりまわした感じ。

韓国作品らしくわかりやすく純愛が描かれていて、ストレートなところは実に爽快であった。

主演女優も美しかったが、長澤まさみちゃんの持っている清潔感はなく、どちらかというと大人の色気さえ感じさせる演技だった。

これは無理も無いことで主演女優、男優とも23歳、28歳という大人が演じているせいである。

一つだけ感心したことがあった。

韓国版では朔太郎の祖父は葬儀屋を営んでいて、祖父の昔の恋人が亡くなりその葬儀準備をすることになる。

「おくりびと」さながらに着替えさせ、50年にわたる恋心を語る場面は、日本作品にはないオリジナルであったが、昔を懐古する祖父の姿に涙しそうになった。

いろんなバージョンの「セカチュー」があるが、誰が何と言おうと私は長澤まさみがいい。


bokunosekai2.jpg bokunosekai1.jpg bokunosekai3.jpg








スポンサーサイト

長澤まさみちゃんの新人時代

2009年04月29日 15:23


「弁護士迫まり子の遺言作成ファイル(3)」BS-TBS再々放送を見た。

2000年TBS製作の2時間ドラマで、クレジットは長澤まさみ(新人)となっている。

13歳頃の実に初々しいまさみちゃんが登場する。

体外受精という重いテーマの中、ベテラン役者に混じって多感な女子中学生を演じていた。

決して上手とはいえない硬い演技で、カツゼツの悪さもその頃から窺える。

しかし何といってもそこは長澤まさみである。

演技力うんぬんの問題ではなく、あの輝いた抜群の存在感は主役の斉藤慶子さえも飲み込んでいたといっていいかもしれない。

私の印象だと母親役の準主役である桃井かおりといい勝負に見えた。

わずか13歳の少女長澤まさみ、栴檀は双葉より芳しである。

          
a_2.jpg  d-2.jpg

c_2.jpg  f_2.jpg

b_2.jpg  e_2.jpg

「天地人17回直江兼続誕生」

2009年04月29日 12:10

「天地人17回直江兼続誕生」を見たが、内容はよく覚えていない。

7時から「さんまのからくりTV」、9時からの「ぼくの妹」にはさまれて、それでなくても内容の薄いこの大河ドラマ、長澤まさみちゃんの登場シーンしか記憶に無い。

勝手なものである。

「ぼくの妹」が始まる前は、あれほど楽しみにしていた「天地人」であったが、いま一つ感情移入できないことや、「ぼくの妹」の方が中身が濃そうだということから、一応視聴は続けているものの初音以外のところはただ眺めているに過ぎないような状態である。

第17回を見て、思いを一層強くしたことがあったのでそれを書く。

それは、直江兼続は妻夫木聡では無理ということ。

私自身「涙そうそう」で妻夫木聡を見て大変好印象を持っている。まさみちゃんの婿でもいいとさえ思う。

しかし、知将といわれた兼続を演じるにはどう見ても知恵、知性が不足しているように思えてならない。

まだ若い時分の兼続を演じている段階だから決め付けてはいけないのかもしれないが・・・。

知恵というものには当然ズル賢いところも含まれるはずだが、妻夫木聡の兼続はそういう面はまるで窺えず、知恵というよりただの思いつきといった感じがする。

正義感、清潔感なら誰にも負けない妻夫木君であるが、残念ながら知恵者には見えない。

当初からその思いはあったが、今回正式に直江兼続となり上杉家の重臣に登用され、その思いを強くした。

じゃあお前、長澤初音はどうなんだ?諸国をスパイして、信長の側近まがいの地位にいるが、長澤まさみがふさわしいといえるのか?

ノープロブレム!

初音は天下を取ろうなどとはこれっぽっちも考えていない。

彼女の目的は天下を取る男をただ真近に見たいだけなのである。

相手が問うてこない限り決して自ら政策、戦略を提言したりなどしない。

そもそも初音は巫女の出ということになっているので、知性より感性で勝負する女なのである。

よってまさみちゃんで何の問題も無い。※まさみちゃんは頭がウスイと言っているわけではない!

          17-04.jpg
           今日は久々の出番であった かんぱーい!

          18-02.jpg
            モニカ様、初音が上様をセクハラで訴えると申しておりますが・・・ 
            なんじゃと!わしが初音に何をしたと言うのじゃ このたわけめ!

          17-11.jpg
          忘れたの?コスプレさせたりSMまがいのことしたでしょ!許さないんだから!

          18-01.jpg
           あん時はムシャクシャしておったのじゃ 鳶までさせてしもうた 許せ    

          17-09.jpg
           これからは旬君や優君の時代よ ついていくからよろしくね!
           オダジョーはいいのかい?            
        
    

まさみさま、どうもすみません

2009年04月29日 10:40

まさみすとの皆様、いつもご愛読ありがとうございます。

さて、昨日の記事におきまして事実誤認がありましたので、ご報告いたします。

ご指摘を頂いたのは、長澤まさみさんが煙突に上って涙を流すシーンで、私が「涙を流していない、きっと本人が感動しなかったからだろう」と書いたことに対し、「まさみちゃんは涙を流している」という内容のものです。

早速そのシーンを画面から1メートル弱の至近距離で再確認しましたところ、仰るように前半部分から涙を流して泣いていました。

涙が頬を伝わって流れてなかったため、泣いていないという誤った判断をしたのだと思います。

よく見ると頬より下の部分に1,2滴涙を認めることが出来ました。

何故見落としてしまったのか、その原因につきましては目下調査中であり、対策につきましては第3回放映時までには立案する所存でございます。

長澤まさみ様、まさみすとの皆様、不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ありませんでした。

ここにお詫びを申し上げ、訂正させて頂きます。

これからも皆様のご指導ご鞭撻を頂きますよう心よりお願い申し上げます。           世寡虫



問題のシーン
                     
          e_20.jpg
           この画像ではわかりませんが、確かに口元の辺りに涙がついています        

          stt0812161154005-p2.jpg まさみファンとして最低の人間だ!絶対許さない!


          a_20090429090501.jpg
           申し訳ございませんでした 反省します!

「ぼくの妹」第2回

2009年04月28日 22:01

「ぼくの妹」第2回を見た。

初回が素晴らしく良かったため期待して視聴したのだが、正直に言うとまあまあかなというレヴェルだった。

予告では九鬼が登場しサスペンスが進展すると思っていたのだが、不倫を中心に話が進んだためほとんど進展なし。

不倫にしても颯が悩み苦しむといった場面はほとんどなく、あっさりと解決したかのように見えたのが物足りなかった。

田中哲司は次回も出るようなので、不倫に至った経緯も徐々に明かされてくるだろう。

兄妹の絆、盟の大学での人間関係、金銭トラブル、不倫等々、どれもが絡み合ってサスペンス物語が進むのであろうが、1クールで上手く消化出来るのか少し心配になった。


オダギリジョーの名前は以前から知っていたが、演技を見たのはこのドラマが初めて。

番宣の時のぶっきらぼうというか面白くなさそうに話す姿を見て、まさみちゃんと上手くやっていけるのか少々不安であったが、優秀で誠実だがどこかテンポがずれていて、颯にやり込められる気弱なオニイチャンを、イケメンでありながらも朴訥とした喋りで好演している。

田村正和の「うちの子にかぎって」や筒井道隆の「王様のレストラン」を思い出す。

「ぼくの妹」はダブル主演ということになっているが、少なくとも今のところはJ.O主演のように見える。

欲求不満ぎみの第2回であったが、盟に思いを寄せるツンデレ娘のこのシーンは良かったと思う。

3_20090428134250.jpg 4_20090428134312.jpg
       この人のツンデレぶりは面白い            コワモテ理事長も娘にはカラッキシか?

                kubi.jpg 
                  想像を超えてました                        
                  クビ? まさかのツンデレ!

さて肝心の長澤まさみちゃんであるが・・・

           12.jpg
              なぜか涙が出ない

           13.jpg
              どうしよう・・・

           e_20.jpg
              だめだ 出ないよぉ

           16.jpg
              アッ やっと出たかも!

           17.jpg
              仕方ないわ だって感動出来ないんだもん!

煙突のシーン、これは失敗だと思うよ。

柿の木に登ったり高いところは平気という颯であるが、長澤まさみちゃんに高所は似合わないのだ。

ちょっと前に信長様と天守閣の屋根に上って、ボロクソに言われたばかりなのに。

14-05.jpg 02-5.jpg

兄妹の絆を確かめ合ういい場面だったのに、この唐突な演出で興ざめした。

まさみちゃんが涙を流せなかったのは、鳶職まがいのことをさせられたからに相違ない。

演出は控えめに、まさみちゃんの自然な感情に任せた方がきっと上手くいくはずだ。


「ぼくの妹」第2回視聴率は9%にダウンした。

春ドラマ、TBSは大苦戦している。

今年の改編で長年続いたお昼の連ドラをカットし、その人材を投入してつくった番組ではないのか?

「ドラマのTBS」の復活は夢のまた夢になったようだ。

次回はTBSお得意のサービスカットもあるようだから楽しみにしているぞ!

でもでも


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。