スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長澤まさみ 「群青 愛が沈んだ海の色」

2009年06月30日 22:50

長澤まさみ主演、「群青 愛が沈んだ海の色」について。

6月28日、公開二日目の日曜午後というのに、お客さんのいないことに先ず驚いた。

我が町は人口17万人の地方都市であり(まさみちゃんの磐田市と人口だけは同じ)、その町の大型ショッピングセンターの中にあるシネマコンプレックスで観たのだが、100名収容の「群青」用ホールは自分を入れてたったの5人しかいなかった。

ホールを間違えたかと思い、係員にここでいいのか確認したくらいだ。

熟年カップル1組、20代と思しき女性2名、加齢臭の気になるおっさん一人(私)。

その後も誰も入場せず、ホール中央の一等地に座り、王様気分で鑑賞した。

           gunjou-001.jpg

あらすじは省略するが、いわゆる原作本との対比で鑑賞した私には期待はずれもいいところだった。

田中美里が弾くラベルのピアノ曲と、吹き荒れる風の音が強く記憶に残った。

あとは昔ながらの島の風景と、太古から変わらぬ青い海。

長澤まさみちゃんはもちろん、出演者全員いい演技だったと思う(子役はもうすこしだった)。

まさみちゃんは精神が崩壊した涼子を、顔の表情、特に目の動きで上手く演じていた。

もしこんな目の人が近くにいたらちょっと怖いな、と思わせるくらいの心神喪失ぶりだったと思う。

こんな演技も出来る人なんだなぁと素直に感心し、心で拍手を送った。

同時に、そんなまさみちゃんの熱演もあの脚本では台無しだと腹も立ってきた。

涼子を精神崩壊させるほど一也の存在感は大きかったはずだが、その一也がちっとも魅力的に描かれていないのはどういう訳か?

そのせいだろう、涼子が一也に惹かれた理由もよくわからなかった。

涼子と一也のシーンで唯一良かったのが、一也の民謡に涼子が合いの手を入れるように謡うところだろうか。

まさみちゃんの地声が聞こえたようでここはよかった。

映画全体は3部構成になっていて1、2章が序章、最終章がいきなりクライマックスという感じ。

はっきり言って終楽章だけあればよかったのでは?序章からのつながりが感じられなかったので。

大切な人をそれぞれに失った父親とその娘の再生を描く、とか言っていたが全然再生してないではないか。

これから再生するのかなと思ったら、そこでエンドロールである。

後は鑑賞者の想像におまかせしますっていうのは、監督の体のいい逃げではないかと思う。

尻切れトンボの映画であった。

まさみちゃんにも一言いいたい。

昨年の製作発表の際に、「人間の本能で感じてもらえる映画です」、ってどこがやねん?

今になって思えば、この発言は妙な期待をさせるための作戦であったのかもしれない。

私は素直にひっかかってしまったが・・・。

それと沖縄の大自然が傷ついた心を癒すというイメージを持っていると裏切られる。

青い空も、青い海もそして沖縄の人たちも決して癒してなどくれない。

ただただ黙って見守っているだけ、私にはそう思えた。

中川監督の脚本をなぞって膨らませた宮木あや子の原作本の方が、この監督の脚本よりよっぽど優れていた。

何故わざわざ宮木氏を原作者扱いしたんだろう。

製作委員会に小学館を取り込むためか、それとも監督のダメ脚本で映画がこけた時の責任逃れのためかなどと勘ぐってしまう。


まあ悪口ばかり書いてしまったが、長澤まさみちゃん目的にこの映画を見るのならそう悪くはなかったといえる。

女優としての新境地も見せてくれたし、まさみちゃんのアップも多かった(でも科白は少ない)。

長澤まさみPVとして鑑賞する限りは腹も立たないだろう(やっぱり悪口だな)。


           gunjou-002.jpg
            少し貫禄がでてきたようにも思える 来年で女優歴10年だもんな

           gunjou-003.jpg
             いろんな意味で考えてしまう映画でした

           gunjou-004.jpg
            みなさん標準語でした ここは沖縄ヨー

           gunjou-005.jpg
            一也より大介に魅力を感じるが・・・

           gunjou-006.jpg
            心ここにあらずの表情 また一歩前進したまさみちゃん

スポンサーサイト

ぼくの妹 最終回

2009年06月29日 22:34

「ぼくの妹 最終回 さよなら・・・妹の結婚」を見た。

とうとうこの日が来てしまった。

さようなら「ぼくの妹」、さようなら長澤まさみちゃん。

日曜劇場歴代視聴率ワースト1に決定!これでワースト1,2をまさみちゃんが独占だ。

へこむなよ、まさみちゃん!

みんなは「ぼくの妹」も「ハタチの恋人」もくそドラマだなんて貶すけど、おじさんはいいドラマだと思ってるよ。

TBSの公式サイトでまさみちゃんがこのドラマでステップアップ出来たような気がする、と言っていたのはおじさんも納得できましたよ。

今年になってから確かにまさみちゃんは変わってきたように思う。

一皮むけたというより、うーんそうだなあ、やらされる女優から自ら役作りに没頭するような女優になってきたというか・・・。

上手く言えないが、女優としてやっていくんだという決意みたいなものを最近のドラマを見て感じるのである。

最終回、二人の絆っていうテーマは上手く描けていたと思う。

なぜもっと早く、という気持ちはあるが一応なんとか着陸できたようで安心した。

でも結局この二人、11話を通してほとんど成長しなかったように思うのだが・・・特に颯は。

まあいい。なんかグチグチ言いそうだから、この辺でやめておく。

昨日見た「群青」と、「ぼくの妹」の総評はまた今度書きます。



           imouto11-02.jpg
            こういうショットはあまり好きではないが、見られないと思うとさみしい
           
           imouto11-08.jpg
            前から思っていたが、まさみちゃんは富士額ならぬ富士くちびる

           imouto11-06.jpg
            兼続さま おねまの用意ができましたよ

           imouto11-23.jpg
            こういう顔のまさみちゃんが私は好きである            

           imouto11-27.jpg
            このシーンよかったですね ジーンときた

           imouto11-24.jpg
            兄妹の絆、もっと見られれば良かったのに・・・ 
                       
           imouto11-29.jpg
            しげジイの写真館で朔と並んだ時みたい

           imouto11-32ss.jpg
            TBSらしく、ラストは上手く描いてくれた


しばらく長澤まさみちゃんが見られないかと思うと、胸が張り裂けそうである。

しょうがないので、牛の反芻のごとく、まさみちゃんのドラマシーンを思い出しては妄想しようっと!

今日まさみに会いにゆきます

2009年06月28日 09:06

    0628gunjo.jpg


今日、長澤まさみちゃんに会いにゆきます。

係りの人に必要ないって言われたけど、一応指定席を確保しました。

宮木氏の「群青」のように、五感に訴えかける作品になっているかどうか、そこが心配。

作品がだめでも、長澤まさみちゃんがいい演技してくれていたらそれでいいんだけれど(セカチューみたいに)・・・


小栗旬、長澤まさみに不満?

2009年06月27日 09:46

最近、長澤まさみちゃんがいろんな人に抱きついているのが気になる。

役の上のことだとわかっていても、必要以上に抱きつかせているんでは?と勘ぐってしまう。

今年になってまさみちゃんは、ずいぶん色っぽくなってきたように感じるのは私だけか?

初音を演じだしてからというもの、そういう目でこちらが見るせいもあるだろうが、長澤まさみちゃんに女を感じるようになってきた。

妹キャラから脱却したというより、妹に大人の女が加わったという感じか。

初音の妖しさ、颯の母性愛、千晴の一途な愛、どれも今までの長澤まさみには見られなかったものだ。

「ぼくの妹」「はねトび」「食わず嫌い」「親父の・・・」で見せた肢体は生々しかった。

でも不思議なことに4月の「A-Studio」はそうでもないんだなあ、これが。

今年になってからまさみちゃんはふっきれたように全身をカメラに晒すようになった。

いやらしい意味ではなく、あの抜群のスタイルも彼女の持ち味なのだから、それを活かさない手はないと思う。

美貌も美声も美体もすべて女優になるべく持ち合わせた天の賜り物なのだから、その武器を最大限活かして、スクリーンをまさみ色に染めて欲しい。


           holo10.jpg
            初音、俺のことが嫌いか?

           hold01.jpg
            モニカ様の肩を抱き・・・

           hold06.jpg
            兼続には抱きつくし・・・

           hold07.jpg
            それも2回も!おまえら兄妹だろッ!

           hold02.jpg
            お笑いタレントにまでそんなことしやがって・・・  

           hold03.jpg
            あー、おにいちゃんになりてぇ・・・

           hold04.jpg
            くそッ あおいに言いつけるぞ!

           hold09.jpg
            あーッ まさみに抱かれてー!

           hold05.jpg
            あせらないの旬君 きっとチャンス来るわよ ねッ

長澤まさみとチャーリーズ・エンジェル

2009年06月26日 22:44

ファラ・フォーセットが亡くなった。

それだけでも驚くのに、なんとマイケル・ジャクソンまで・・・。

いかにもアメリカ人って感じのする二人が時を同じくして亡くなるとは、ちょっとショックであった。

中学生の頃、「チャーリーズ・エンジェル」をよく見ていた。

フワッとしたブロンドの髪で綺麗な長い足を見せて歩くファラ・フォーセットに、「外人の女ってすげーなー」と感心しながら見入ったものである。

お色気満点のアメリカンなオネエチャンだったが、でもどこか淋しそうな感じがしたのを覚えている。

どちらかというと、知的なジャクリーン・スミスのほうが好きだったかな、俺は。

       ca5.jpg ca1.jpg
          白い歯も印象的だった            アメリカ女って、スゲーなぁ!

           ca2.jpg
           真ん中はケイト・ジャクソン なぜか佐藤藍子を見るとこの人を思い出す 

           ca3.jpg
           右がジャクリーン・スミス いつもジャクリーン・ビセットと混同してしまう

           gunnj-1.jpg
           顔は日本人そのものだが、体はインターナショナルなまさみちゃん
           ジャクリーン長澤ってか!



ファラ・フォーセットもマイケル・ジャクソンも、70年代、80年代のアメリカを象徴する人物であることは間違いない。

遥か海の向こうの出来事であるが、多少なりとも思い入れのある人達の訃報を耳にすると、心が萎える。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。