スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も鼻濁音だ

2010年03月28日 15:22

今日も鼻濁音について書く。

関心のない人、鼻濁音てなぁに?という人は、また来週。


テレビで中居正広を見ていて思いついたことがある。

それは、島根出身の竹内まりやがなぜ鼻濁音で歌うのかということについて。

日本語を美しく響かせようとする彼女の教養の高さによるものと思っていたのだが、ひょっとすると別の理由かもしれない。

中居正広主演といえば、そう「砂の器」がヒントである。

有名な小説で、映画やドラマにもなっているから、これ以上書かなくてもわかるはずだ。

つまり彼女は、もともと鼻濁音発声が出来たのかもしれない。

これは私が勝手に思いついたことで、だいいち出雲弁に鼻濁音が存在するのかどうかもわからない。

今度、「サンデーソングブック」の夫婦放談で、彼女の声音に耳を傾けてみよう。

私としては、竹内まりやが日本語の響きを考えて鼻濁音発声していると思いたい。


久しぶりに柴咲コウのCDをひっぱりだして聴いてみて気付いたことがある。

彼女は鼻濁音で歌ってます。

まだ20代の彼女だが、自分で作詞するくらいだから、言葉の響きに気を使っているのかもしれない。

本当のところはわからないが、そう思いたい。(笑)

反対にガッカリというか、意外だったこともある。

最近、ウチの地方では「トリック」が再放送されているが、仲間由紀恵の濁音だらけの発声に驚かされた。

好きな女優だが、鼻濁音フェチになってから、どうにも彼女の発音が気になって仕方がない。

特にわかりやすい、「ガ」の音がキタナく聞こえるのだ。

紅白歌合戦で彼女が曲紹介をした時のこと、

いきものがかりのYELLは、NHK全国学校音楽コンクール中学校の部で歌われました

これを全部、ガガガとやるから耳障りなのだ。

顔は美人だし、演技力も存在感も素晴らしい。

それだけにもう少し発声に気を使ってくれればいいんだけど。

気にならない人はどうでもいいかも知れないが、ブログなんかで検索すると、気になるという人も相当いるようだ。

私自身いずれ鼻濁音は消えて無くなる運命にあると思っているが、上手いといわれる歌手や俳優ほど上手く鼻濁音を使っていることから考えると、使われないからといって切り捨てるのもいかがなものかと思う。

学校でも、LとR、sheとseaの発音の違いは教えるのに、なぜ日本語の「が」と「nが」の違いを教えないのだろう?

私自身教わった記憶はない。(忘れたのかもしれないが)


話変わって、長澤まさみちゃんのCMを見て思ったこと。

彼女も今の人らしくほとんど鼻濁音は使えないようである。(私にはそう聞こえる)

しかし彼女はもともと鼻にかかったような声の持ち主ということもあって、声がどこか優しい。

JRのCMで、仕事が長引いちゃったという、ヘタに鼻濁音で言おうとすると、鼻づまりが喋っているように聞こえる難しいセリフがあるが、まさみちゃんは軽く言ってのけている。

CMだからハッキリ言わなければイケないが、ハッキリさせようと濁音にすればトゲトゲしくなってしまう。

そこのところをまさみちゃんの声音は上手くやってのけるのだ。

濁音であるがトゲトゲしくない。

素晴らしいの一言である。

引き合いに出して悪いが、同じJR仲間の仲間由紀恵(シャレではない)ではこうはいかないだろう。


           
              しごとがながびぃちゃった

           fdnn2.jpg
              シゴトガナガビイちゃった (これは極端です)

夏川りみも仲間由紀恵も同じ沖縄の出身。

でも夏川の場合、曲によって、また同じ曲でも場合によって使い分けをしている。

歌手は鼻濁音を訓練するというが、彼女もそうなのだろう。

役者の場合はどうなんだろう?

訓練で身につけたが必要ないから使わないだけなのか、そのあたりを知りたいものだ。

今度、沖縄出身の新垣結衣ちゃんのセリフに注意して聞いてみようと思う。

スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。