スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年を

2010年12月31日 14:57

今年も今日を残すのみとなりました。

全国的に荒れ模様のようですが、こちらも雪がチラホラしています。

振り返ってみますと、今年は長澤まさみちゃんのことあまり書きませんでしたね。

“鼻濁音” と “合唱” 記事ばかりだったように思います。

なぜでしょう?

長澤まさみが出ないのが悪いのか? それとも私の妄想が足りないのか?

いえいえ、たぶん “郡山二中” が悪いのだと思います。

特にキャシー、新垣カオルさんあたりはA級戦犯といっていいでしょう。

合唱関連の動画もしばらくはアップされないでしょうから、少しは熱も下がるかもしれません。

そのタイミングで長澤まさみちゃんの活躍が見られればいいのですが・・・

私自身、長澤まさみちゃんメインに記事を書きたいのはヤマヤマなのですが、いただいた拍手の数から察するに、みなさんもケッコウに “郡山二中” がお好きなようで (笑)

過去記事を見ると、まさみ関連記事の倍以上、たくさん拍手してもらっているようです。

私の熱中ぶり、二中偏愛度というかヲタ度が、読んでくれた人に伝わったのかも知れません。

そう考えると、来年もまた二中記事を、となるんですが・・・ どうしようかな?


ご愛読ありがとうございました。

皆様、よいお年を!


           nkon23.jpg
             ↑皆さんには本当にお世話になりました 来年もよろしくね


スポンサーサイト

うた魂♪

2010年12月30日 13:34

漢字検定に挑戦していたらこんな言葉が思い浮かんだ。
 
 合唱連衡 ~ 郡山二中に対抗するため、他校同士が手を組むこと

 郡雄割拠 ~ 合唱強豪校がひしめきあっている郡山市内の状態
 
 針小棒大 ~ マエストロ小針の指揮で大演奏を繰り広げること


ここから問題、赤字は何と読むでしょうか?

1.私は運転中、只管 アンコンの曲を聴いている

2.郡山出身の西田敏行は '合体' と揮毫する

3.キャシーの声を聴くと私は涅槃の境地になる 

4.福島県民の納豆消費量は全国平均の2倍、合唱人たちも毎朝盛大に食ってると思うが、
  新垣カオルは、クロワッサンとヨーグルト、たまに乾酪といった、コンチネンタルブレックファーストだと思う。

( )内に入る言葉は?

5.待てば(  )の日和あり まさみちゃんのドラマで使われてましたね 

6.(  )は双葉より芳し  まさみちゃんのことです

以上、つまらなくてスミマセン。


さて、年末年始の番組表を見ると、ローカルだと思うが結構いい映画が放送されるようだ。

「純喫茶磯辺」 

 お笑い芸人はどうでもいいが、仲里依紗と麻生久美子が見たい
 

「うた魂♪」  

 これは見逃せない 北海道の進学校で合唱部を舞台にしたストーリーらしい
 主人公(夏帆)は自分の顔と声にうっとりするナルシスト
 まるで某高校の誰かではないか! 
 夏帆は「天然コケッコー」「砂時計」も良かった 徳永えりも楽しみ 薬師丸ひろ子が顧問役
         

「博士の愛した数式」 「フラガール」

 いやになるほど見てるが、それでもまた見るつもり


「ナマケモノのススメ」 

 出ました!長澤まさみナレーション

 いかにも、という感じだが、まぁ声が聞けるので良しとしよう

 「なまけものの思想」と「悪友のすすめ」が頭の中で合体し、一瞬わけがわからなくなった


            nj76k.jpg
             合唱映画というと 「野ばら」 くらいしか思い浮かばない
             新垣カオル主演 「かお魂♪」 も見てみたい

見事な鼻濁音

2010年12月27日 22:36

おそれおおいことであるが、先日行われた天皇陛下喜寿の会見について書く。

動画サイトで会見の一部始終をみて、さすがに良いことお述べになるなぁと感心してしまった。

御自身の加齢について、また高齢化社会の有り様について、お考えを率直に語っておられたように思う。

陛下でも耳が遠くなる、それを聞いて励まされた人も多いのではなかろうか。

「もう少し大きな声で話して欲しい」

「アナウンサーの喋ることはよくわかるが、他の人は早口で何を言っているのかわからない」

多くの高齢者が思っていることを正直に具体的に話されていた。

これまで何度も皇室会見を見てきたが、今回だけは拍手を送りたくなった。

雅子さまのご病気、愛子さまの不登校など、天皇家だって我々と同じように悩みを抱えているのである。

陛下でも・・・、天皇家でも・・・

そう思うことで、老後の不安を抱えるお年寄りや、同じ病気で悩み苦しんでいる家族がどれほど救われるかわからない。

自ら病気を告白したレーガン大統領やサッチャー首相は、政治的な評価とは別に人間的に多くの人から尊敬を受けた。

開かれた皇室というが、庶民の気持ちを察した優しい語りかけこそ国民は欲しいのだと思う。

陛下のお言葉は、たいへん率直で具体的だった。

私はライトでもレフトでもないが、陛下にはいつまでもお元気でと願わずにいられなかった。


追記

さすがは皇室です。完璧な鼻濁音で話されてました。


トイレの神様

2010年12月26日 12:22

「トイレの神様」という歌を気に入っている。

メロディー自体は、どっかで聞いたことのあるフレーズをかき集めたらこうなったという感じだが、まぁこの歌は歌詞が真髄だろうから、それでもいい。

“毎日トイレをきれいにしたら別嬪さんになるんやでー” 

私は、“便所をきれいにする娘は玉のような子供を生む” たしかそう教わった。

誰に教わったか覚えてないが、おそらく親か教師だろう。

トイレ掃除に励む → 心も磨かれる → 美人になる → 可愛い子供が生まれる

そんな流れかもしれない。

子供に手伝いをさせるという目的からすれば、「別嬪になるんやでー」と教えたほうがいい。

私的には、“本人が美人になる” より “その子供が美人になる” の方が趣があるように思うが。


「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」にも、“便所掃除” が出てくる。

マドンナすみれ(伊藤蘭)が入学した夜間高校の授業で、国鉄職員による「便所掃除」という詩が読み上げられる。

『便所を美しくする娘は美しい子供を産むと言っていた母を思い出します 僕は男です 美しい妻に会えるかもしれません 』

朗読の後、生徒たちは深い感動と余韻を味わう。

山田作品らしい名場面である。

朝帰りをしたすみれに怒る寅次郎のセリフも印象的だった。

「幸せになれるんだろうな、おめえ」 「もしならなかったら、オレは承知しねえぞ」 そして優しく、「いいな」

こういう時の寅次郎はとってもかっこいい。

言葉少なに、決して難しいことは言わない、それでも鬼気迫るものがある。

こんな芸当が出来るのは高倉健と渥美清くらいか。


それにしても昔の人は本当に良いことを言う。

「トイレの神様」で初めてこの言い伝えを知ったというアホウは少ないと思うが、そうであれば明らかに情操教育が不足ということになる。

「流浪の民」を聴いて、浮浪者が森の中で焚き火をしているシーンを思い浮かべる人がいるというからコワイ。

「故郷」は、都会に出たはいいけれど上手くいかなくてホームレスになった人が故郷を思い涙する歌だそうだ。

こういう感覚ってオモシロイけれども、その人の荒涼とした心の中を覗いてしまったようでなんともツライ。


長澤まさみちゃんの実家も、新垣カオルさんの家も、トイレはピッカピカに輝いているに違いない。

さあ、俺もこれからトイレの大掃除だ!



きよしこの夜

2010年12月25日 22:02

今年の10大ニュースについて書こうと思ったが、K2関連のことしか思い浮かばないので、また今度にする。

今日はXmas。

ローストチキン(鶏の足と呼んでいる)とチョコレートケーキでメリー・クリスマス。

今日の一曲はこれ。


 
  きよしこのやろう!に聴こえる


錦織健と森麻季、本物二人が歌うとこうなる。

これを聴けば「千の風」がいかにヘタクソかわかると思う。

森麻季は最近では、「坂の上の雲」でエンディングを歌っている。

サラブライトマンの ♪ アアアアー も透明感があって良かったが、強い意思を感じさせる森の歌声も魅力的だ。

派手な見てくれが損をしているように思うが、歌はたしかだ。

最後の方に演歌のオニイサンが登場するが、クラシック歌手と一緒に歌わないほうがいい。

ジャンルとか関係なく、歌唱力の差は歴然。

私には一本調子にしか聴こえないのだが、なぜかこの人人気がある。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。