スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bravo!

2011年08月28日 21:23

チョワヨ~! もとい、ブラヴォー!!(チョワヨ~は、その昔よく通ってた韓国バーのホステスさんの掛け声でした)

今年もやってくれました、郡山二中。

あんなに高得点取ってどうするの!? ぶっちぎりの第一位 じゃないですか!

去年一昨年のレベルで十分だって言ったでしょう、それなのにまた欲張ったりして・・・

どこまで上手くなったら気が済むのですか!

面倒見切れませんよ!

私の理解を遙かに超えるウルトラハイレベルな合唱、聴いてみたい気もするけど、また泣かされるのもイヤだし・・・

これでNHKも全日本も安泰。

私は今、第5回アンサンブルコンテストで歌う楽曲について妄想を始めている。



スポンサーサイト

メアリー1号

2011年08月25日 21:12

「安積高校合唱部日記 の女性管理人、雌蟻(メアリー)さんが、この回をもって勇退されるとか。

身辺日記風でありながら、高校生の本分をしっかり弁えた名随筆で、いつも感心しながら読ませていただいていたのだが、これから少し寂しくなりますね。

誰にでも分かる平易な言葉を使っているにもかかわらず、想像の奥行きを感じさせるその文章は、その辺の高校生には真似できないものだと思う。

高校生ベストエッセイスト賞なるものがあったとしたら、間違いなく受賞したに違いない。

合唱部の中核をなす人物であろうことは想像に難くないが、これからはより情熱的に合唱活動に精進されることだろう。

どんな人物なのか私の千里眼を持ってしてもとうとうわからずじまいだったが、なんとなく私の中で彼女のイメージが出来上がっていて、今度映像を見る機会があったら、ズバリ当ててごらんにいれよう。(笑)

そういえば、安高定期演奏会の模様を詳しく報告して下さった人がいて、こんなコメントが書かれていた。

「あやや部長とメアリーさんの不思議な絡みもあって、世寡虫さんにも見せたかった」

私はこのコメントを見て???だった。

あやや部長は有名人だから(笑)わかるが、メアリーさんだとどうしてわかったのだろう?

まさか「あやや」とか「メアリー」とかゼッケン付けて歌ってたわけじゃあるまいし・・・

皆さん私以上にオタクなのかもしれない。


一年間本当に楽しませてもらった。

安高合唱部とは縁もゆかりもない私であるが(そんなことを言いながら、二中オールスターズ約3名には並々ならぬ関心があったりして)、日記を知ったのも何かの縁、一言お礼を言わせていただく。

素敵な文章をありがとう。




命名しました

2011年08月22日 22:31

安積黎明、郡山、橘(葵はどうしたっ!?)各校合唱部の皆さん、東北ブロック進出おめでとうございます!

日本一のハイレベル合唱だったに違いありません。

さらに東北ブロックを勝ち抜き、全国大会に出場するのは、たぶん、◯◯◯◯ではないでしょうか?(願望です)


さて・・・

何週間か前、我町の環境キャラクター「エコハちゃん」がピカチュウに激似だと、ちょっとした騒ぎになった。


                   crm11.jpg
                     着ぐるみ作ったらこうなったらしい バカ!
                     どう見ても緑のピカチュウだろう


私はこの似非キャラクター騒動を見ながらハッと思いついたことがある。

郡山のキャラクター「がくとくん」の妹がデビュー、その愛称を募集中だと知り、自分なりに考え中だったのだ。
(応募する気満々)


            1.png
              キャシーちゃんとか、ニチュウちゃんとか、いろいろ考えましたが・・・



環境がエコハちゃん・・・とくれば、音楽は◯◯◯ちゃんしかない。

決定しました!

がくとくんの妹の名前は◯◯◯ちゃんです!

同名の方がいらしたらゴメンナサイ。




ー業務連絡ー

コメントを投稿してくださった方、どうも有難うございました。
返信が遅れておりますが、いましばらくお待ち頂ますようお願いいたします。

佇まい

2011年08月15日 00:32

8月14日、今日も早朝より二中合唱に勤しむ。

二中コレクションをチェックしていたら、あれ?こんなのあった? と、ダウンロードだけ済ませた未見の動画が見つかった。

こんな貴重な動画をなぜ見過ごしてしまったのだろう? ファンとしてあるまじき行為と猛省する。

第63回福島県合唱コンクールの動画だ。


           


超絶演奏については、今更私が何か書いたところで意味をなさない。

そんなものは一聴でわかる。

私らしく、私にしか書けないもの・・・

それ書きます。

最初に気付いたことは、あやや部長とキャシーの立ち位置である。

各パートが9人で構成されているとしたら、その中央ど真ん中にスペシャリストを配置する傾向にある、と以前書いたが、このコンクールではその原則?が適用されていない。

あやや部長は最前列の向かって最右翼、そしてキャシーは最前列の最左端に立っている。(女性陣の話ですから)

20人編成のNコンと、今回のような30人編成とでは、自ずとその陣形も変わってくるのかもしれない。

二中オールスターズの皆さんも、たった2、3年前だというのに随分若く見える。(今も十分若いけど)

お一人お一人感想を書いていきたいところだが、キモ過ぎとの批判、非難、クレームが殺到しそうなので、今回は遠慮しておく。

ひとつだけ、これだけは書いておきたいと思う。

それは、あやや部長が画面に映ると、ステージの緊張感が画面を通じて観ている我々にまで伝わってくるということである。

統括マネージャーとして部員を掌握しなければならない立場にある彼女、音楽的な指導はもとより、部員の学習指導や生活指導、進路相談から時には恋愛相談まで、果ては後進育成にまで心血を注いだに違いない。

小さいマエストロと呼ばれるその影響力の大きさは、部員たちの緊張した面持ちからも窺い知ることが出来る。

私がこの動画で最も注目したいのは、キャシーでもなければ新垣さんでもない、あやや部長とその配下たちの緊張感みなぎるステージ模様なのである。


心揺さぶる歌

2011年08月14日 00:39

合唱好きと言いながら、実際はたいして合唱曲を知っているわけではない。

合唱好きというよりは、“合唱している人が好き” もっと言えば “二中(卒業生含む)の女性女声が好き” ということになるのかもしれない。 

こんな私だから、いただくコメントの中で、こんな曲があるから是非聴いてみて! と教えられても、初めて耳にする曲というのがほとんどである。

これから紹介する曲も、合唱好きの人なら当然知っている曲なのだろうが、私にとってはお初であり、吸水紙にインク一滴落としたようなものだった。

郡山第一中学校合唱部の皆さんが歌われた、「おかあさん」 という曲である。


              

  
  あなたの体に宿り この世に生まれおち 
  愛あふれるやさしさで 包んでくれたね
  語りつくせない 思い出がよみがえる
  あの笑顔とぬくもりが
  今でもこの心と身体に 織り込まれてるよ
  ありがとうと言えなくて これまで来たけれど
  言葉にならないほどに 感謝しています

  年老いてゆくあなたに これからは私が
  注がれてあふれている 愛をささげたい
  木漏れ日のように やわらかくさりげなく
  もし あなたに出会えてなかったら
  愛 もとめてさまよい続けていたでしょう
  今やっと 素直になり 心こめて言える
  ありがとう 生み育ててくれて
  おかあさん 


動機不純の合唱ファンである私だが、この作品には素直に感動した。

一点の曇りもない、まさに明鏡止水のソプラノは、まるで天から降ってくるかのように聴こえる。

落涙の感動とともに、私は唖然とした。

天から降ってきたのは二中合唱だけではなかったのである。

キャシー危うし、という意味ではなく、隠れキャシーがいたという事実に驚いたのだ。


お盆を迎え、家族が一堂に会したという人も多いだろう。

特に今年、様々な事情で離れ離れに暮らさざるを得ない人が大勢いると聞く。

母の日だけでなく今日のような日にも、この歌は歌われ聴かれるべきかもしれない。

曲の解説などいらない。

ただ耳を傾ければいい。

ど真ん中のストレート、バッターアウト! 間違いない。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。