FC2ブログ

Archive2012年01月 1/1

私がソプラノ偏愛主義者になった理由

No image

「また、あした」については、また、あした書くと言っておきながら、また、こんどになってしまい、申し訳なかった。今日は書きます。先日、「また、あした」についてコメントが寄せられ、その内容が私にとってあまりに衝撃的だったので、今日はそのことについて記したいと思う。投稿主に無断で抜粋させていただくことになるが、ご容赦頂きたい。さて・・・拙ブログ一昨年の記事 「合唱の思いで」 からの引用で始まっている。>自...

  •  5
  •  0

また、あした

No image

二中の「めぐりあい」が素晴らしかったと書いたが、実はもう一曲、大感動した作品がある。安積女子高等学校合唱団が歌った、「また、あした」である。動画サイトにもアップされているが、「めぐりあい」同様音質が悪く、とてもヘッドフォンで聴こうという気にはなれない。そこでである。比較的音質が良好な「また、あした」を、今日は思い切ってアップしてみようと思う。                    ただの静止画で、...

  •  3
  •  0

そしてめぐりあい

No image

動画サイトに「めぐりあい」の音声がアップされていると聞き、早速ダウンロードした。以前よりYouTubeに第74回Nコン郡山二中「めぐりあい」がアップされていたが、音割れが酷く、好きなメロディーでお気に入りの曲ではあったものの、聴き込むとまではいかなかった。ところがアップされた音声を聴くと、これまでの認識が一変、とんでもなく素晴らしい演奏だったのである。やはり音質は大事、ステージが眼に浮かぶようであった。お...

  •  4
  •  0

第64回Nコンを鑑賞した

久しぶりに更新します。14年前の、二中合唱を聴いた。「第64回Nコン福島県大会」での演奏である。最優秀賞だから当然上手いのだが、声質や歌い方は今とぜんぜん違うなーと思った。「正しい中学生の合唱」と言うのか、現在の「驚愕の超絶合唱」とは一味も二味も違って聴こえる。スタジオ録音で音響の関係もあるのだろうが、いかにも中学生が歌ってますという印象だ。課題曲の「砂丘」については特にその感が強い。自由曲は「Era...

  •  2
  •  0