FC2ブログ

Archive2018年11月 1/4

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

悪夢か正夢か

No image

Nコンの興奮もようやく落ち着き(長かったなぁ)、この頃は次回アンコンのことを考えるようになった。そのせいもあるのだろう、最近いや~な夢をみた。五中が二中を潰しにかかっているというのだ。誰がそんな情報をもたらしたのか、夢の中の出来事だからわからないが、けっこうリアルで、目が覚めても鮮明な記憶として残っており未だに忘れられない。五中がKv317を演奏するという情報を耳にした二中マエストロがKv275(Kv65)で対...

  •  2
  •  -

Videntes Loreley

No image

日本人にとって馴染みのない西洋の宗教曲は、やはり、歌詞を読みそれなりに意味を掴んでから聴いた方が曲をより味わうことが出来るようだ。Nコン当日の演奏では、課題曲の感動冷めやらぬうちに始まった宗教曲の、その神秘性と急に訪れた静寂感に私自身戸惑うようなところもあった。いかんせん何を歌っているのかわからないものだから、繰り返し歌われる ” Videntes stellam ” の旋律の美しさとソプラノ高音の美しさ、そして ” マー...

  •  2
  •  -

沈黙は金、雄弁は銀

No image

豊島 11  12  23五中 22  20  42鶴二 14  18  32清泉 16  16  32この数字は、Nコン審査員による講評文の課題曲・自由曲のコメント行数である。特に上位校の講評についてはしっかり読んだつもりだったが、私は迂闊にも気付かなかった。五中だけ飛び抜けてコメントが長いということを。金賞だった豊島岡のコメント量が少ないというのはわかる。素晴らしい演奏で指摘事項が少ないのは当...

  •  0
  •  -

名古屋の女

No image

いくら中学生合唱が好きでも、五中や二中の演奏だけを聴いてるわけではない。先日も、久しぶりに春日八郎を聴いてみようと思いYouTubeにアクセス、数曲聴いたところで、少女の歌う「長崎の女」にぶつかった。   もうビックリ、めちゃくちゃ上手いじゃないか!私はカラオケ採点のチャンピオンが歌う機械的歌唱がまったく性に合わず、すぐにチャンネルを変えてしまう男だが、この少女の歌う「長崎の女」には驚いた。話は違うが、...

  •  2
  •  -

気付いた~んだ~♪

No image

五中の「Gifts」にかなり時間を割いて記事を書いてきたので、難解な自由曲は聴いてないんじゃないか、そう思われる方もいるかもしれない。「Gifts」は「プレゼント」並みに秀作だと思っているのでそれなりに、いやそれなりどころの騒ぎではなく、寝てる間にも五中生が耳元で歌っているような錯覚を覚えるほどに聴き込んだ。作品自体の魅力もあるが、何と言っても五中の名演奏あってこその「Gifts」であって、他校の演奏であればこ...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。