スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうか、やっとまさみに会えるのか

2009年01月12日 12:04

s1s2s3s4s5

「そうか、やっとまさみに会えるのか」 夜9時スタートです!

窓外は雪である。久しぶりの雪景色だ。

北海道の人にはチャンチャラおかしいだろうが、山口県民にとって雪は珍しくちょっと童心に返ったりする。

昨日の出来事をちょっと書いておく。

昼飯を食べにうどん屋に行った時のことである。

はじめて入る店で、讃岐うどんのようにトッピングは自分で選ぶというシステムのようだった。 

いらっしゃいませ!と元気のいいアルバイト女子高生が迎えてくれた。

彼女はまず「定食コース」と「バイキングコース」のどちらかを選んで下さいと言う。

「定食コース」とは、うどん+小どんぶりもので、例えば肉うどん+カツ丼(小)が650円。種類が豊富で選ぶのが大変そうだ。

問題は「バイキングコース」の方で、壁のメニューをみると肉うどん650円、きつねうどん600円とか書かれている。

私は関西で言うところの素うどん(具がほとんどのってないやつ)が最初にでてきて、トッピングは好きな物を好きなだけ載せられるバイキング形式かと思っていたので、なぜ肉うどん、きつねうどんなどの値段が最初から決まっているのか?と疑問に思った。

値段を較べると丼物がプラスされる「定食コース」の方が絶対お得ではないか、 ん???

後になって私自身勘違いしていたことがわかるのだが、その時は混乱していた。

女子高生は伝票とペンを胸に、まだかまだかと待っている。

私は彼女に尋ねた。「定食コースとバイキングコースはどこが違うの?」
 
「はい。定食コースは丼物が付きますが、バイキングコースには付きません」

私はイライラして、「バイキングコースっていうのはトッピングを自由に選べるんですよね?」

「はい。でも全部ご自由にというわけではないのでご注意下さい」

「???????」

「バイキングコースって最初から肉うどんとかきつねうどんが出てくるの?」

「それはお客様次第ですけど・・・」
 
「つまり、かやくうどんを選んだらかやくうどんが最初に出てくるというわけですか?」

「はい。でも丼物は付きませんが」

我々の問答を聞いていたカウンター奥の親父さんが、「テーブル席にもメニューがありますからご覧になって下さい」とみかねて声をかけてきた。

私も面倒くさくなり、とにかく腹いっぱい食べたいと思い、「3人ともかやくうどんのバイキングコースで!」

席に着きしばらくすると番号で呼ばれた。

セルフの店で、カウンターまで受け取りに行くと、熱々のかやくうどん(素うどん)が3つ置かれていた。

店の一角に棚が設置されていてそこには海老天、ちくわ天、かき揚げ、キス天などのトッピングの他、鴨肉のロースト、鶏のから揚げ、おにぎり、稲荷すし、揚げ豆腐などのほか、名前を知らないお惣菜が数点並んでいて、しかもおでんや果物まであるではないか。

皿ごとに、お一人様1点までとか2点までとかお好きなだけとか書いてある。オネエチャンが全部自由ではないといった意味がやっとわかった。

うどんや惣菜の味そのものはまあまあといったレベルだが、量的には十分すぎるくらいだった。

大人一人600円くらいで腹いっぱいになれるなんて信じられん。今度はメタボの息子を連れて行こう。

それにしてもこんなややこしいシステムの店は初めてだ。

店の入り口に予め注文の仕方を書いておいて、私のように頭を悩ませることのないよう改善すれば、千客万来もありえると思うのだが。

              090112雪
                  我が家から見た外の様子 今日は冷えます








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/103-3fa856ac
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。