スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感極まる長澤まさみ

2009年02月25日 21:01

動画サイトで、2005年に長澤まさみちゃんが日本アカデミー最優秀助演女優賞を史上最年少で受賞し、涙ながらに受賞の喜びを語るシーンをみつけたので報告しておく。

感動するのでティッシュを用意したほうがいいですよ!

    academy2005.jpg  2005最優秀助演女優賞受賞シーン

注意!
mncastという動画サイトはかなり重く、途切れ途切れの再生になると思います。
再生が始まったら一旦一時停止を押して(一時停止の間ダウンロードされます)、
5分くらい待ってから再生するとスムースに見られます。


受賞前にはインタビュアーの質問に対して、ツッケンドンというか生意気な返答をするまさみちゃんであったが、じつは緊張のあまりコチコチになっていたのだということが後でわかる。

発表直前の5人の表情を見ると、まさみちゃんだけがしっかり発表者を見つめていたのが印象的だった。

受賞後の挨拶では一転、感極まってボロボロになり、それでも最後までキチンとお礼の言葉を述べるまさみちゃん。

まだまだ子供である17歳の高校生長澤まさみが、自分が選んだ道とはいえ、親元を離れ社会に揉まれて、ここまで来るのにどれほど辛い思いをしたかと想像したら、こっちまで泣けてきた。



コメント

  1. 不明 | URL | -

    Re: 感極まる長澤まさみ

    この受賞シーンを見たかったのですが、でも韓国語?なので一時停止だとか再生だとかさっぱり分りません。

  2. 不明 | URL | -

    Re: 感極まる長澤まさみ

    せきたら受賞後にどのようなコメントを述べていたのか教えて下さい。

  3. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    視聴について

    画面左下にある、横向きの三角形 ▶ をクリックすると再生します。
    また同じところをクリックすると一時停止します。
    つまりクリックするところは1箇所です。
    確かに韓国語はわからないですよね。私自身さっぱりで、見ることは出来ますが保存するまでにはいっていません。
    それと回線が混み合ってくる夜間、特に11時以降は途切れ途切れになりますのでその時間帯は避けた方がいいと思います。
    いいシーンですから是非ご覧になって下さい。

    まさみちゃんは周りのスタッフに感謝し、賞に恥じない女優になるべく努力しますと、涙ながらに精一杯コメントしていましたよ。

  4. メグ | URL | vqm8JHu.

    Re: 感極まる長澤まさみ

    いつも拝見しています。ほとんど毎日更新されているのでほんとに長澤さんが大好きなんだなって伝わってきてまさみファンとして楽しみです。この受賞シーンはずっと見たかったのでうれしいです。韓国の動画サイトなんですね。私はスムーズに視聴できましたよ。ありがとうございました。まさみちゃん綺麗でしたね。私もあの涙に感激しました。今度は主演女優賞での受賞シーンや、レッドカーペット上での彼女が見たいです。今年公開の映画に期待したいですね。

  5. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    ありがとうございます

    メグさん、こんばんは。

    まさみファンなら感動する場面ですよね。
    記事を「感極まる世寡虫」にしようかと思ったくらいです。

    涙そうそうでの主演女優賞の模様は、たしかYouTubeにありました。
    (30thacademyjp)で検索すると出てくると思います。
    こちらは、涙そうそうにならず見られました。(笑)

    今度このブログで、私がよく視聴している動画サイトについて書こうと思っていますので、いい動画を御存知でしたらお教え下さい。

    ご愛読感謝します。ありがとうございました。

  6. 不明 | URL | -

    Re: 感極まる長澤まさみ

    画面左下にある横向きの三角形が見当たりません。
    左上には横向きの三角形はありますが・・・。
    映像自体、出てないのでたぶん合わないのかもしれません。
    でもコメントの内容が知れて良かったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/136-c54c7b57
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。