スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの妹 最終回

2009年06月29日 22:34

「ぼくの妹 最終回 さよなら・・・妹の結婚」を見た。

とうとうこの日が来てしまった。

さようなら「ぼくの妹」、さようなら長澤まさみちゃん。

日曜劇場歴代視聴率ワースト1に決定!これでワースト1,2をまさみちゃんが独占だ。

へこむなよ、まさみちゃん!

みんなは「ぼくの妹」も「ハタチの恋人」もくそドラマだなんて貶すけど、おじさんはいいドラマだと思ってるよ。

TBSの公式サイトでまさみちゃんがこのドラマでステップアップ出来たような気がする、と言っていたのはおじさんも納得できましたよ。

今年になってから確かにまさみちゃんは変わってきたように思う。

一皮むけたというより、うーんそうだなあ、やらされる女優から自ら役作りに没頭するような女優になってきたというか・・・。

上手く言えないが、女優としてやっていくんだという決意みたいなものを最近のドラマを見て感じるのである。

最終回、二人の絆っていうテーマは上手く描けていたと思う。

なぜもっと早く、という気持ちはあるが一応なんとか着陸できたようで安心した。

でも結局この二人、11話を通してほとんど成長しなかったように思うのだが・・・特に颯は。

まあいい。なんかグチグチ言いそうだから、この辺でやめておく。

昨日見た「群青」と、「ぼくの妹」の総評はまた今度書きます。



           imouto11-02.jpg
            こういうショットはあまり好きではないが、見られないと思うとさみしい
           
           imouto11-08.jpg
            前から思っていたが、まさみちゃんは富士額ならぬ富士くちびる

           imouto11-06.jpg
            兼続さま おねまの用意ができましたよ

           imouto11-23.jpg
            こういう顔のまさみちゃんが私は好きである            

           imouto11-27.jpg
            このシーンよかったですね ジーンときた

           imouto11-24.jpg
            兄妹の絆、もっと見られれば良かったのに・・・ 
                       
           imouto11-29.jpg
            しげジイの写真館で朔と並んだ時みたい

           imouto11-32ss.jpg
            TBSらしく、ラストは上手く描いてくれた


しばらく長澤まさみちゃんが見られないかと思うと、胸が張り裂けそうである。

しょうがないので、牛の反芻のごとく、まさみちゃんのドラマシーンを思い出しては妄想しようっと!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/239-3b215a87
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。