スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くれない族の反乱

2009年08月08日 05:38

昨日の続き、そう、「くれない族の反乱」について。


                 kurenaizoku22.jpg
                 麗子さん、(グスン) 謹んでご冥福をお祈りします
                 いたみ入ります


1984年製作のTBSドラマで、田村正和、大原麗子主演、主題歌は竹内まりやの「もう一度」。

なんとプロデューサーはあの八木康夫氏。(このドラマから田村との付き合いが始まったらしい)

嘘みたいだが、TBSもこの頃はいいドラマをたくさん作っていたのである。

「中野さん、明日の午後三時、山下公園の氷川丸の所で待ってます」

田村正和がモノマネしてくれと言わんばかりの科白回しで喋っているのが面白い。

大原麗子はこのあと同じくTBSの「となりの女」にも出演する。


「男はつらいよ」にも2作品ほどマドンナ役で出演していて、これがまたイイのである。

寅さんファンならわかると思うが、最後のシーンで寅次郎もしくはマドンナから来た手紙が読み上げられる。

寅次郎への感謝の気持ちを述べる、大原麗子のあのハスキーボイスがたまらない。

そう、あのセカチューのカセットテープの亜紀(まさみちゃんですね)を思い出すのである。

そういう意味では、長澤まさみちゃんのミラクルボイスも、彼女がもっと大人になった時、俄然その威力を発揮しそうな気がする。

大原麗子と長澤まさみ

私は以前から二人はよく似ていると言っているが、それとは別に、色っぽさと可愛さが絶妙なバランスで同居しているという二人の共通点は認めていただけるのではあるまいか。

                toras011.jpg
                  1984年第34作「寅次郎真実一路」より


大原麗子を偲ぶはずがいつの間にか、まさみ賛歌になったようでいささか心苦しい。

昭和の大きな星がまた一つ落ちた。

でもその星は、私の心の中でいつまでも瞬いていることだろう。

ご冥福をお祈りする。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/278-4112b099
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。