スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさみ番長

2009年08月18日 22:31

重松清著「くちぶえ番長」を読んだら、長澤まさみちゃんを思い出した。(バカ!)

                      kutibue01.jpg


夏休みの読書感想文のために、子供に無理やり薦めた小説である。

無理強いした手前、私も一応読んでみたのだが、いやはやこれがナンともいいのである。

ツヨシ(小学4年)のクラスに、マコトという女の子が転校してくる。

マコトは成績優秀、スポーツ万能、おまけにリーダーシップまで持ち合わせた魅力的な女の子。

クラスの番長を目指すだけあって、強気を挫き弱きを助ける正義の味方。

わずか1年の間に、ツヨシはいろんなことをマコトから学び、友情を育み、最後には恋心まで抱くようになるというストーリー。

子供より大人が読んだ方が楽しめるかもしれない。

自分を振り返ってみて、小学生いや中学の頃までは男子より女子の方が断然大人だった。

妙に大人びた女子連中に対する、畏れとか微かな憧れといったものが、易しい文章で上手く書かれていて、そうだったなぁと懐かしく思い出されるのである。

小4のマコトちゃんは、ツヨシからすると大人びて見えるのだろうが、さすがにオッサンになるとそうは思えない。(あたりまえだ)

幼くして父親を亡くし、苦労の多い家庭環境で育ったマコトちゃんは、人より早く大人にならざるを得なかったのである。

だからこそマコトちゃんが愛おしいし、大人になったマコトちゃんに遭いたいと願うのだ。

子供目線で読んでも面白いし、大人目線で読むのも味わいがあっていい。

久々に心洗われる小説を読んだ気がした。(いつも戦国の血生臭い本ばかり読んでるせいで)

さてここからが本題、いや脱線かな。

成績優秀、スポーツ万能、クラスの人気者とくれば、そう、長澤まさみ演じる“広瀬亜紀”である。

高校の同級生でも、彼女の場合はいろんな面で頭一つ抜きん出ていた。

朔太郎「広瀬って、他の女子と違うっていうかさあ・・・」

亜紀 「違うって?」

朔太郎「勉強できるし、スポーツ万能だし、人気があって・・・芸能人になるんでしょ?」

防波堤でのシーン、靴紐事件?と、長澤まさみちゃんの大人びた高校生姿が忘れられない。


「くちぶえ番長」に戻るが、こういう作品こそ教科書に取り上げるべきではないかと思う。

イジメの問題、見て見ぬ振りをすることの卑劣さ、人がどうかではなく自分がどうしたいのかが大事、等々、この本はいろんなことを考えさせてくれる。

大人の鑑賞にも十分堪える作品であることは間違いない。

           akisaku01.jpg
            長澤って、他の芸能人と違うっていうかさぁ・・・
            違うって?
            顔完璧だし、スタイルも抜群だし、人気があってぇ・・・大女優になるんでしょ?
             そうずらよ!



コメント

  1. バグ | URL | -

    Re: まさみ番長

    あの~~ケチつけるわけじゃないんですが、そうずらよは言いませんよ。
    そうずらよは雲が切れてきたから晴れてきそうだ→雲ん切れてきたではあ晴れてくるずらよお、というふうに使います。
    だらはそうでしょう?の同意語ではあるけれども相手に確認を求める意味もあります。
    ですんで、大女優になるんでしょ?そうずらよ、ではなく大女優になるずらよお、でありそれに対しては、ええ、無理だら~が妥当かと(苦笑。
    余計なお節介すみませんでした。
    世寡中さんは更新頻度が高いですね。
    旺盛さに驚かされてます。これからも頑張って!!

  2. 写真 | URL | -

    Re: まさみ番長

    「セカチュ-」の写真、きれいですね。

    そういえば週刊文春の阿川さんとの対談の中でまさみちゃん
    「小学校の頃、女の子に意地悪してる子がいたりすると「やめなよ」とか言っちゃうタイプでしたね。」
    と答えてましたよ。

  3. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: 知らなかったずら

    バグさんこんばんは。

    語尾にずら、だらを付けさえすれば静岡弁になると思っていた私が馬鹿でございました。
    申し訳ありません。
    余計なお節介などととんでもない、こちらこそ静岡弁講座ありがたく拝見いたしました。
    近頃は、ずら言葉を使う人って少なくなってきたそうですね。
    標準語も大事でしょうけど、地元言葉も大切にして欲しいと思います。
    まさみちゃんもきっと磐田に帰った時は、方言丸出しで会話するんでしょうねぇ。
    ぜひ聞いてみたいものです。
    もう少し静岡弁を勉強して再チャレンジしようと思います。
    そのときは、御指導よろしく!

  4. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: セカチューはいいよね!

    私もこの写真気に入ってます。
    まさみちゃんホント脚長いですよねぇ。
    噂によると、最近のまさみちゃん、夜な夜なゲイバーに行っては酒食らってるらしいのですが(笑)、
    昔は優等生だったんですね。
    顔も優等生って感じですもんね。
    でも、そんなまさみちゃんの顔が私は大好きなんです。

  5. バグ | URL | -

    Re: のりぴーだけがアイドルじゃない!

    いえいえ、どういたしまして。余計なお世話みたいで恐縮です。
    ところで今週発売の週刊文春の小林信彦コラム、先生のマニア、ヲタぶりが満載ですよ。
    川村カオリの訃報に接し、デビュー当時のオールナイト・ニッポン二部のパーソナリティーを川村カオリが担当していて対談相手に指名されたけど断ったとか、南野陽子のスケバン刑事(デカ)と今現在テレ朝で金曜深夜に放映中のメイド刑事の親和性を指摘するとか、立ち読みでしたけど思わずニヤニヤして口元が緩んでしまいました。
    ま、私の駄文より実際に読めば小林先生の年季の入ったヲタ度に感心すること間違いなしですよ。
    恐れ入りました。

  6. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: のりぴーだけを責めないで!

    ありがとうございます。読んでみますね。
    ほんと小林先生って年季入ってますよね。
    特定のアイドルだけではなく、芸能界全体を見渡して目利きしてるんですから
    凄いなあと感心してしまいます。
    翻って私なんか、長澤まさみ一本ですからねぇ。
    キャパが狭いというか、もう少し視野を広げた方がいいかなとも思うのですが、
    別に作家になるわけではないんで、このままの姿勢でまさみちゃんを見つめ続けようと思います。
    それにしてものりぴーの復帰はあり得ないんでしょうか?
    洗いざらいぶちまけて、芸能界の薬物汚染を白日の下に晒す代わりに、
    もう一度だけチャンスを与えてやって欲しいと、ぬるい私は思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/302-2e627f49
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。