スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルまさみ

2009年09月19日 22:44

皆さんは長澤まさみちゃんの美しい声音をどうやって聴いておられるだろうか?

おそらくテレビでという方がほとんどだろう。

私もテレビで視聴しているが、パソコンで再生して聴くことも結構多い。

今日は如何にまさみちゃんの声をリアルに再生するかという、ちょっとキモイ話しをさせていただく。

大音量で再生できる環境にある人はうらやましい限りだが、ほとんどの人は夜間にボリュームを下げてコッソリ(それはオレか)、いやヒッソリ聴いているのではないか?

もちろんヘッドフォンをつけてという手もある。

細かいところまで聴き取れていいのだが、特にドラマなどは音声そのものが貧弱であるため、ヘッドフォンをしてまで聴く価値はない。

映画の場合はそれなりの音なので十分視聴に耐えられるが。

ただヘッドフォンで視聴すると、さあ寝ようと思った時に音声が耳にこびりついて寝られなくなるといった不都合が生じるのだ。

やっぱり普通に音を出してまさみちゃんの声を楽しみたい。

その場合はパソコンでの視聴がお奨めだ。

それなりのスピーカーがあればということになるのだが、小さい音でも結構リアルで臨場感も味わえるのだ。


          desktopm3bb.jpg
                   この木製スピーカーはたしか4千円くらいだった
             
                           4953103172319.jpg  
                注意  千円くらいのだと貧弱な音しか鳴りません


もちろん本格的にやろうとすれば、数万円のスピーカーやサウンドカード等が必要になってくるが、そこまで金はかけられないし、これでも十分満足できる。

スピーカーの間隔は70cmくらいにしたほうがいいかもしれない。(これは実際にやってみて)

「セーラー服と機関銃」をこのスピーカーで聴くとする。

イントロ部分で、ハープが左右に流れる様子もよくわかるし、“さよならは別れの”と歌いだすまさみちゃんがスピーカーとスピーカーの間に再現される。

舌足らずに、♪君は軽々ときっと持ち上げて 笑顔見せるラろう♪ と歌うのがよくわかる。(笑)

耳というか顔をパソコン画面に近づけていくと、まるで2、3m先でまさみちゃんが口をとんがらせて歌っているように思えてくる。(その時は目をつぶって妄想にふけるといい)

本当の意味でのデスクトップミュージック(DTM)とは違うのだろうが、これぞまさしく“机の上の音楽”である。

「世界の中心で、愛をさけぶ」の最後のモノローグも、テレビで聴くよりはるかにリアルに聴こえる。

彼女がいかに感性の優れた女優であるか、改めて思い知らされるようだ。

せっかくのミラクルボイスなら、少しでもリアルに聴きたい。

外付けスピーカーを繋げて、まさみちゃんの声の魅力を味わってみないか!


コメント

  1. kuzuoh | URL | uCFhH0fM

    Re: リアルまさみ

    昨日コメントに名前を入れ忘れてしまいました。

    世寡虫さんがパソコンに顔を近づけて、まさみcの声を聞いてる姿を想像してしまいましたよ(^0^)

  2. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: アタマおかしいですから!

    こんにちは。
    本当に目の前でまさみcが歌ってるんですから!
    是非やってみて下さい。
    ただし人が見ていないことを確認してね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/348-16573056
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。