スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コカコーラ×ペプシ×コープ FINAL WARS

2008年09月02日 22:40


先般8月10日付に書いたが、生協がコカコーラを取り扱わないことに疑問を感じ、生協のホームページより質問してみたのだが、今日その回答があったので、長文であるが以下に掲載する。

■これまでの経過
 コープやまぐちは、全店でコカ・コーラは取り扱っていません。
1972年、コープやまぐち(当時は山口中央生協でした)は、全国の生協と協同し、コカ・
コーラの取り扱いを中止しました。また、コカ・コーラだけでなくペプシコーラについて
も取り扱わないことも併せて決めています。

 中止の理由は、1970年当時、コカ・コーラにカフェインやリン酸が含まれている飲料は
有害の疑いがあると判断したことによります。この判断の背景には、?カフェインを多量
に取ると消化不良、不眠の原因になる ?リン酸はカルシウム分を消耗させ、骨の成長を
妨げるなどという指摘が学者からあり、組合員から「有害の疑いがあるものを生協では扱
わないでほしい」という意見が多く寄せられたためです。また、当時は水代わりにコーラ
を飲むことが流行ったことも一因になりました。
 高度経済成長期にあたる当時は、さまざまな社会問題が発生し、消費者の暮らしに大き
な不安を落した時代でした。森永ヒ素ミルク、カネミ油症など食品公害事件や合成添加物
の使用許可が急速に増大したということもあり、食品の安全を求める運動が活発化した時
代でもありました。
 このような背景の中で、「子供たちにより安全なものを与えたい」という、母親の願い
から「100%天然果汁飲料や、麦茶などを与えましょう」という運動へと発展していったと
いう経過があります。
 取り扱い中止以来、コーラの取り扱い要望がさほど多くなかったこともあり今日に至って
います。

■今後の考え方
 現在、さまざまな飲料が開発されており、コーラばかりを飲まなくなったように、商品
の選択肢が増え選べる環境が整ってきたこと、製造技術があがったことなど、当時と比べ
食環境、社会環境が大きく変化しています。したがって、できるだけ添加物の少ない商品
の品揃えすることはこれまでと変わりませんが、組合員さんの暮らしの多様化に応えるこ
とも大切にしたいと考えます。コープやまぐちは、2006年度より中国四国9生協と連帯し、
商品の仕入れやなど行なっています。今後事業連合や店舗でコーラを含め飲料の品揃えに
ついて検討していきます。

以上です。


さすがは生協である。これだけ丁寧な返事がもらえるとは思わなかった。
こっちは面白半分に質問しただけなのに・・・
感激したので、これからはもっとコープで買い物しよーっと。(安くないけどね)
でもコーラくらい置いてもいいんじゃないでしょうか。

その昔、「男は黙ってサッポロビール」というコピーが流行ったが、
今ならきっと「ヲタなら黙ってすこやかカルピス」だね、まさみちゃん!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/41-f88e711a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。