スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲がれスプーン???

2009年11月28日 20:40

最初にお断りしておきますが、ここから先、“長澤まさみ命” という人は読まないで下さい。

社説を書いてるわけではなく、たかが個人のブログですから、私の感じたこと思ったことがそのまま、オブラートに包まず書いてあります。

それに対してもちろん異論反論はあるでしょうが、それはご自分のブログなりHPで意見表明して頂きたいと思います。

反論を受け付けないというわけではありませんが、あまりに感情的で思慮浅薄なコメントの場合はこちらで勝手に削除、または投稿禁止にさせてもらいます。

繰り返しますが、これより先は読む人を不愉快にさせるおそれがありますからご注意下さい。

ではよろしいでしょうか?

なんでこんな事クドクド書かなきゃいけないんでしょうね。(笑)


                   amagare06.jpg
                      内容もこのスプーンみたいだった


今日午後、「曲がれ!スプーン」を見て来た。

残念・・・・この一言である。嗚呼! 

150名以上収容できるシアターに客がたった10人とはどういうことだ!

これでは「群青」なみじゃないか!

どうしたんだ東宝!

なんのためのTV出演だったんだ!

「群青」は宣伝が少な過ぎだったが、「曲がれ!」の方は露出し過ぎて逆効果だったんではないのか?

まあ観客動員数は今の段階では判断できないし、私の地方だけの問題かもしれないからこの辺でやめておくが。 

さてさて感想であるが、いやはやなんとも・・・

カテゴリーに縛られる必要はないが、いったいコメディーなのかファンタジーなのかさっぱりわからない。

UFOが出てきたりしてSFっぽくも見えたが、映画製作者は星新一や小松左京、筒井康隆等を読んだことがあるのだろうか?と思った。

私自身が筒井康隆に熱中したクチだから余計にそう思ったのかもしれない。

フジテレビらしく、軽くて薄いのである。

重厚な作品でなければと思っているわけではないが、もう少しインパクトのある作品にして欲しかった。

せっかく長澤まさみちゃん主演の映画なんだから。

よく言えばこじんまりしてほのぼのとした映画、悪く言えば、いや正直に申せば、ショボくて煮え切らない映画である。

期待感が大きかったということもあろうが、それを抜きに考えてもなんか中途半端な印象だった。

別に大作とか傑作とかを期待したわけでもなく、映画に意味を求めていたというわけでもない。

ハチャメチャであろうとクスクスであろうと、とにかくささやかな喜び、見てよかったと思えればそれで良かったのであるが、どれにも当てはまらなかったのが私には痛かった。

試写会の感想で多かったのが、“ほのぼのして心温まる映画”というコメントだった。

へーってなもんである。

こんなのでほのぼの出来るとは、よっぽど平和で退屈な日常を送ってらっしゃるのネと、オカマ言葉でイヤミを言いたくなる。

心温まると表現するのもわからないでもないが、私に言わせれば子供騙しの癒しである。

もっとも子供騙しの癒しだからダメだというわけではない。

それで癒され心休まる人がいるのならそれはそれで意義のあることだとは思う。

しかし、私はそれでは不満だ。

そんな安っぽい感傷とか安直な癒しなど、わざわざ映画を見に行かなくてもテレビで十分である。

オマエが心の柔軟性を失って子供の心を無くしたからだろうと思われるかもしれないが、たしかにそういう面はあるかもしれない。

しかし私の年代の者こそ、ユリゲラーのスプーン曲げにリアルに胸をときめかせたのだよ!と言いたい。

この映画には、スプーン曲げなど超能力に対する畏敬の念は微塵も感じられなかったし、心を奪われた子供の純粋な気持ちも描けていなかった。

それは脚本家が30歳であるということを考えれば仕方ないことかもしれないが・・・。(でも監督はオッサン)

でもそれなら30歳以下対象とか表示してもらいたいものだ。

「光速エスパー」も知らないだろうし、スプーンを握り締めてテレビの向こうからユリゲラーが念力を送ってくれるのを今か今かと待ったという経験もないだろう。

関口少年、清田少年や「ノストラダムスの大予言」だって後々の知識でしかないだろう。

ついでに言うと、「水曜スペシャル 川口浩探検隊長」なんてのも知らないと思うんだが・・・

だから超能力に対する思い入れがまるで感じられない、極々浅い表面をなぞっただけの、超能力と超常現象のゴッタ煮になったのだろう。

こんな映画にメッセージなどあろうはずはないが、むりやりテーマを見つけるとしたら、“子供の心をいつまでも忘れるな、子供の不思議体験はかけがえのないものですよ”といったところだろうか?

子供の頃の思いを大事にしましょうねと言うが、だいたい、長澤まさみちゃんもそうだが、30歳くらいの人達って超能力とか超常現象とかに熱中した経験なんかあるのかなぁ?

ツチノコだってまさみちゃん達はリアル世代ではないはず。

くどくど書いたが、リアルタイムで経験してないからダメと言ってるわけではなく、不思議な現象に対する思い入れのレヴェルがおそらく段違いなのではないか、この脚本がツマラナク感じるのはそこらあたりが理由なのではないかということである。

サンタが空を飛び、米(まさみちゃん)が心で本当はわかってますよというラストシーンに至っては、開いた口が塞がらなかった。

でもここでホロッとする人がいるんだろうなぁ、きっと・・・ 私には信じ難いことだけれど。

たくさんの子供もUFOも、正直言って私には偽善めいた子供騙しとしか映らなかった。

乱暴に言えば、初デートの中学生が見るに相応しいクリスマス映画かもしれない。(これは私の独断ですからね)


長澤まさみちゃんについても書いておかねば。

相変わらずお美しいし、アップも多くてその点はいいんだけれど、私の見る限り彼女は主演ではない。

主演はエスパー達であり、彼女はあくまでヒロイン(セカチューの柴咲コウみたいなもの)である。

この監督がインタビューで「この作品は “長澤まさみありき” で撮りました」と発言しているのを聞いて大いに期待していたのだが、ちょっと違いましたね。

でもまさみちゃん、この映画楽勝だったろうなと思ってしまった。

重い荷物引っ張って、あとは笑うか驚くかの顔作ってればいいんだもん!(笑)

貶すところは特になかったし、可愛いまさみちゃんをしっかり堪能できたことはよかったです、はい、それだけでしたけど。(笑)

まさみちゃんの八頭身ぶりがよくわかりますよ!

“小劇団による舞台を映画化”という触れ込みだったが、はたして映画化することに意味があったか私は大いに疑問を感じる。

こぎみいいセリフが飛び交うとか書いてあったが、私に言わせればただ単に畳み掛けるようなセリフの応酬がある、ウルサイだけのものに感じた。

映画なんだからあそこまでナンデモカンデモ言葉で説明する必要はなかったのでは?

近頃TVでよく見かける、やたらテロップを使って状況やセリフをクドイほど視聴者に説明しようとするのに似ていると思った。(TV局の意図は知っているが)

俳優についても不満がある。

舞台の映画化なんだからしかたないのだろうが、エスパー達があまりにも地味過ぎる。

舞台では活躍されているのだろうし、演技も上手なのだろう。

しかし映画を見に行く人間が全て舞台に興味があるわけでもないということを考えた時、ある程度顔の知れた俳優の方が映画になじめると思うんだけどなぁ。

映画が地味になるということもあるが、私は長澤まさみちゃんの輝いた存在感は、周囲の俳優たちにそれなりのオーラがあってこそ発揮出来るように思うのだ。

あまりに周囲が地味だと、なんか日常の延長みたいに思えてしまって、まさみちゃんが女優長澤まさみに変身し損なっているように感じてしまうのだ。


例によって悪口言いたい放題になってしまいましたが、あくまで個人的感想ですからね、しつこいですけど。

それと私には文句つける権利あるんですよ。

だって東宝株式会社に直接出資してるんですから。(エッヘン!)

まだ見ていない人がいたら、こんなオジサンのタワゴトなど参考にせず、実際にその目で確かめた方がいいですよ。

良かったと思えればそれに越したことはないし、仮に私のように駄作に思えたとしても、映画とは何か、長澤まさみの将来はどうなるのかとか、いろいろ考えることになりますから決して無駄にはなりません。

最後にもう一つ褒めておこう。

音が迫力ありました。

迫力ありすぎて、前の席の人ポップコーンひっくり返してました。(笑)

                『伸びろ!観客動員数』




コメント

  1. ウイイ | URL | -

    Re: 曲がれスプーン???

    低レベルな僕には十分面白いほっこりした映画でした^^

    東宝に出資しているってそういう業界の方なんですか?

  2. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: 人それぞれですね

    ウイイさん

    よかったですね。
    鈍感なオジサンにはさっぱり面白くない映画でした。
    次回作に期待します。(毎回毎回期待してるんですけどね)
    東宝とも長澤まさみちゃんとも残念ながら一切関係ございません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/428-fe3f3043
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。