スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業写真♪

2010年01月29日 23:10

長澤まさみちゃんが、3月1日からの四夜連続ドラマ「卒うた」に出演するとあった。
  
ユーミンの「卒業写真」をテーマにしたドラマらしい。

フジテレビと深夜枠というのがちょっと気になるところだが、ともかくよかった。


「卒業写真」

今はすっかり卒業ソングのスタンダードになったが、私が中学生の頃はそうでもなかったような気がする。

私は大人になってからこの歌の本当の良さがわかってきたように思う。

“街で見かけた時 何も言えなかった 卒業写真の面影がそのままだったから”

この感覚は卒業式を迎える生徒学生にはまだわかるまい。

ユーミンは天才的な作曲家作詞家だと思うが、私はどうしてもあの声が好きになれない。

言われるところの「なぜかなぜか」で無理やり原因を突き止めてみた。(笑)


ユーミンの声が苦手
    ↓
合成音声のように聴こえるから
    ↓
自然さが感じられないから
    ↓ 
鼻濁音で歌ってないから (真の原因)


前に“鼻濁音”について書いたが、この人、鼻濁音ではなく濁音で歌っているのだ。

意識的に濁音で発声しているのか、それとも単に鼻濁音が出来ないだけなのか、それはわからない。

「卒業写真」は、松任谷由美のほかに山本潤子、徳永英明、浜崎あゆみなどが歌っているが、私が聴いた範囲だと誰もが濁音で歌っているようだ。

山本潤子は他の曲は綺麗な鼻濁音で歌っているところをみると、この歌は意識的に濁音にしているようだ。

徳永英明はどの曲を聴いても濁音でしか歌ってないことを考えると、鼻濁音が出来ないのかもしれない。

浜崎あゆみの「卒業写真」に至ってはもう無残なもので、万年鼻づまりのような声で鼻濁音も全く出来ていない。

曲の解釈も酷く、よくユーミンがこの歌を許可したもんだと思う。

昔、竹内まりやの「駅」を中森明菜がひどい解釈で歌ったことに対し、山下逹瑯が随分怒っていたことを思い出す。

個人的に「卒業写真」は、ユーミンより山本潤子が歌った方が、情景が鮮やかに蘇るように思う。


卒業式と言えば、最近は「仰げば尊し」が歌われなくなったそうな。

残念な事だと思う。

文科省とか教育委員会とかのお役人さんは、もちろん一人一人は優秀なんだろうが、集団での決定となるとなぜこうもロクでもない通達しか出さないのだろう?

ずっと歌い継がれるべき日本の文化遺産だろうに・・・。

歌詞が難解だし今の時代に合わないというのが理由なら、国語から源氏や徒然草をトッパラってしまえ!というのと同じではないか。

その「仰げば尊し」であるが、思えばいととし この歳月♪ の “いととし” を、“愛しい” の意味だと思っている人が多いらしい。

教科書とかに書いてあったと思うけど、読んだことないのかね?(ひらがなで書いてあったのかな?)

現状がこんなだと、なくした方がいいという意見が出るのも無理はないか。


私は、卒業式ソングの中では、「仰げば尊し」と、恥ずかしいから小声で言うが、斉藤由貴の「卒業」が好きだ。

~ 制服の胸のボタンを♪ ~

これを聴くと、甘酸っぱい思い出とともに、春に向かって暖かくなっていく季節が、菜の花のような黄色のイメージで心を和ませてくれるのだ。

まもなくやってくる卒業シーズン。

なぜかオッサンになった今も胸キュンにさせられるのである。(キモイ!とか言わないでね)

                 saitouyuki01.jpg
                   いつも後輩の長澤まさみがお世話になってます



コメント

  1. バグ | URL | -

    Re: 卒業写真♪

    斎藤由貴ですか。
    私ゃナンノ派でした(恥ずい。
    彼女のが少しお姉さんで、あんな姉ちゃんいたらなあと思ってました。
    今思うと気持ち悪いですな。
    斎藤由貴も好きでしたよ。
    昼ドラで我輩は主婦であるというクドカンのホンのやつが面白かった。
    嫁さんがビデオに撮り溜めてたのをよく一緒に見てて、斎藤由貴って多彩だなあと感心したもんです。

    ナンノこと南野陽子さんは老けませんねぇ。
    いいともレギュラーの回、日曜日の特大号で見てましたが、化けの上手さに唖然としたものです。女優ですなあ。

    ところで今晩の笑福亭鶴瓶の番組に吉永小百合さんが映画の番宣兼ねて出てましたが確かに若いねぇ。あれで60代とは思えません。普段の体調維持管理が凄い努力をしてるのが画面から滲み出てました。
    吉永小百合さんはいわゆる上手い女優でなく、オーラで魅せる映画女優最後の一人といっても過言ではありません。
    一般に上手い演技と言われているものは表現方法によって変わるので、舞台劇と映画で同じことをやったってそれが生きるわけでもなく大きいスクリーンで生きるのはやはり有り余るオーラなんですね。
    吉永小百合という人はそういうタイプの女優さんです。
    まさみちゃんもそうなれるといいですね。

  2. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: 輝きながらー♪

    バグさん

    そうですか、ナンノ派でしたか。
    私はどっち派でもなかったんですが、なぜか「卒業」だけは忘れられないんです。
    ホント二人とも年取りませんよねェ。並々ならぬ努力してるんでしょうね。

    最近映画告知で吉永小百合さんよく見ますが、知性の滲みでたあの美貌、声、容姿、
    どれをとっても映画界トップでしょうね。
    それが何十年も続いてるっていうのが凄い!
    それが仕事っちゃあそうなんでしょうけど、並の人間には真似できないことですよ。

    全身オーラは若手N01のまさみちゃんですが、今後もずっと輝き続けて欲しいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/473-7596d198
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。