スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紗季さんのおかげでした

2010年02月28日 10:00

最近読んだ本のことなど。

  ryoumadennsiba01.jpg ryomaa21.jpg

寝る前に少しずつ読んでいったのだが、読了までに1ヶ月以上かかった。

特に「坂の上の雲」の方は、司馬遼太郎の歴史観がよくわかって、実に読み応えがあった。

“社会に不満を持つ者のエネルギーがないと世の中は進歩しない(ざっくりですが)” なるほどなぁと思いました。(笑)

「龍馬」は、本当はNHK出版の方を買うべきだったが、「一個人」を愛読している関係でこちらを選んでしまった。

内容もサラッとしていて、“龍馬初心者” にはいいかもしれない。


もう一冊あって、佐藤正午の「身の上話」。

こちらは立ち読みしたサンデー毎日の中で、角田光代氏が紹介していた本である。

角田氏の言葉を引用してみる。

  ~高校生のころ、「それがいけないことだと知っていてやるより、知らないでやるほうがずっとたちが悪い」
   と言う教師がいて、なんでだろう? 高校を卒業しても、この問いは自分の内に残り続けた。あのとき、
   高校生の私に佐藤正午さんの『身の上話』を渡していたら、その意味が一発でわかったろうと心底思う。

私も角田氏と同じ経験があり、高校の頃、担任教師から言われた「知らないでやるのは最もいけないことなんだよ」という言葉が、とても意味深なことのように思えてそれ以来ずっと気になっていた。

普通は逆で、悪いと知っててやることの方が罪が重いと言われる。

しかしそうとも限らないのである。

“知らない” ということは思考停止や無行動につながり、本人が停止している間にも、どんどん物事は悪い方向に進んでいくのだ。

一番タチが悪いのは、何も考えない何もしないことなのだということを、この本は教えてくれる。

主人公は “ミチル” という女性だが、私は自然と "美知留" に置き換えて読んでいた。(笑)

「ラストフレンズ」の美知留も、判断力のない思考停止に近い人間だったが、どこかミチルと共通している。


こういう偶然ってあるのかと思うくらい、私にはドンピシャの書評だった。

本を読んだからといって大して賢くなるわけでもないし、人間性が向上するわけでもない。

それでもごくまれにこうした偶然に出会うことがあるので、読書はやめられない。

ネットで仕入れた知識を自分の考えのように錯覚する、そんな愚を犯さないためにも、私には読書が必須である。

この本は絶対お薦めだから!もしあったら教えて下さい。


私がこの週刊誌を手に取ったのは、グラビアの相武紗季ちゃんがあまりに素敵だったからである。

長年の疑問を解消できたのは、佐藤正午でも角田光代でもなく、相武紗季ちゃんのお陰かもしれない。

                   sanday001.jpg
                     この人のおかげです



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/497-68c29cc3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。