スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手本にしたい名曲

2010年03月21日 12:44

「寅さん」つながりで、倍賞千恵子のことを。


       


「かあさんの歌」が、そう昔の歌ではないということはよく知られているが、歌詞については知らないことがあった。

私はずっと、“母さんが夜なべをして♪” と歌っていたが、“かあさんは夜なべをして♪” でもいいんだな。

さくらさんはそう歌ってますよね。

「花の街」でも、“春よ春よと♪” と “歌いながら♪” の2パターンある。

まあそれはおいといて・・・

例によって鼻濁音のはなし。

さくらさんは声も素晴らしいが、発音もまた手本にしたいくらい見事なのである。

日本語がとても上品で優しく聞こえる。

一度彼女の歌う「涙そうそう」を聴いてみたい。

「仰げば尊し わが師の恩♪」 

これを濁音で歌われるとツライ、“和菓子の餡” に聞こえてしまう。

偏見を承知で言うのだが、鼻濁音フェチになってからというもの、鼻濁音が出来ていない歌手や俳優をみると、知性が足りないんじゃないかと思ってしまう。(私も出来ません 笑)

単純で思い込みの激しい私は、鼻濁音になんか関心を持たなきゃよかったと、最近では少し後悔している。

3番の歌詞には鼻濁音がこれでもかこれでもかと出てくるが、さくらは見事に歌いこなしている。

  かあさんのあかぎれ痛い
  生味噌を擦りこむ
  根雪も溶けりゃ もうすぐ春だで
  畑が待ってるよ
  小川のせせらぎが聞こえる
  懐かしさが沁み通る

私には「小川のせせらぎが聞こえる♪」なんて、絶対に歌えっこない。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/515-a3ba4ce9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。