スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のなつかシュラン

2010年03月27日 13:03

「きたなシュラン」を見た。

“染太郎” が出てきたのにはビックリした。

浅草の老舗有名店で、古くはあるが、きたなシュランの対象になるような店ではない。

昔の話だが、三越デパートのお中元アルバイトをしたことがあって、その時知り合ったアルバイト統括の社員に浅草を案内してもらったことがある。

生まれも育ちも浅草だというその人は、本当の東京を教えてやると、バイト数人を引き連れて浅草界隈で有名な店に連れて行ってくれた。

ヨシカミ、神谷バー、アンヂェラス、染太郎・・・

染太郎ではイカ焼きともつ煮込みと酎ハイを頼んだと記憶している。(お好み焼きは食べなかった)

もつ煮込みが安くて美味しかったので、3杯目のお代わりを頼もうとしたら、「よかったら食べて!」と、てんこ盛りのもつ煮込みをサービスしてくれた。

大感激した私は無我夢中で平らげた。

だから染太郎と聞くと、下町の人情とか風情とか(そう知ってるわけではないが)、懐かしく思い出されるのである。

昔の話で記憶が整理され、いい思い出だけしか残っていないからかもしれないが、内装やテーブルも、使い込まれた感じはしても、決してキタナイという印象はない。

お好み焼きがメインの店らしいが、私の記憶の中では老舗居酒屋である。

浅草は旨いものを食わせる店が本当にたくさんある。

桃太郎のトンカツのやわらかさ、大黒屋のごま油で揚げたビッグ天ぷらなど、思い出すだけでヨダレが出る。

いつかまた下町グルメを堪能してみたい。

最後になったが長澤まさみちゃん、結構楽しそうで、まあ良かったのではないでしょうか。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/525-e3c3045e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。