スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家の歴史 その2

2010年04月15日 22:51

【まさみ節】

    まさみが~ 出た出た~ まさみが出た~ (ヨイヨイ)
    三谷ドラマに~ まさみ出た~
    あまり オーラが 強いので~
    さぞや 八女家も まぶしかろ (サノヨイヨイ)



いきなりクイズです!

第一夜、政子(柴咲コウ)が炭坑節を踊るシーンがありましたが、その時彼女はなんて歌っていたでしょうか?

[  ]に当てはまる言葉を選びなさい。  

 月が~ 出た出た~ 月が~出た~ (ヨイヨイ) [  ?  ]の~ 上に出た~ ♪

 1、三井炭鉱  2、三池炭鉱  3、うちのお山

ドラマを真剣に見ていれば分かるはずです! さぁ書きなさい!

           koutannkou1.jpg
             三井炭鉱の~上に出た~♪


私がこのドラマを真剣に見ようと思ったのはこの炭坑節がキッカケだった。

一般的に炭坑節は、三池炭鉱の上に出た♪ と歌われることが多い。(私自身そう覚えていた)

三池炭鉱は大牟田であり、炭坑節発祥の地といわれる田川ではない。

八女家は田川の出ということだから、政子は、三井炭鉱の~♪ と歌うのが自然である。

このドラマ、パフォーマンスばかりかと思っていたのだが、結構細かいところまで気を使っていて、私は感心した。


畑正憲が登場したけれども、私の印象だとムツゴロウ先生は日田の人なんだけどな。

「八女」ときいて思い出したのが、八女茶で有名な八女市である。

そして八女市といえば黒木瞳の出身地。

黒木瞳の名付け親は同郷の五木寛之。

五木寛之とくれば、そう筑豊、炭鉱です。

それからロシアを舞台にした小説でも有名ですよね。

私は思った、なぜ五木寛之を登場させない!

そうすれば、ナターシャ(長澤まさみちゃん)の存在が、一層重みを持ったに違いない。(私の中で)

そういえば、まさみちゃんがロシア民謡歌う場面があったけど、超有名な曲だから知ってますよね?
           
             porisika1.jpg
              なんて歌でしょうか?     

         
昭和のドラマといっても、終戦から高度成長期までの20年に満たない期間が描かれているに過ぎない。

私自身生まれてないし、その時代のことは知識としてしか知らない。

しかし昭和レトロのドラマだとみるのはいささか単純だ。

その辺のことはまた後日。





コメント

  1. 時の流れに身を占ってぇ~♪この曲はなんて歌でしょうか? | URL | -

    Re: わが家の歴史 その2

    >なんて歌でしょうか?ポルシュカポーレですね。

    と思って検索したらポーリシュ・カポーレと出ました。

    私の記憶によればナントカまさみ(だから長澤まさみに歌わせたのかと思ったりして)という男の歌手が歌ってたんですよ、確か。
    子供の時分の記憶なんで検索すればすぐ出てくるんですけど、記憶に頼りたかったので意地でもしません(笑。

    やさぐれたまさみちゃん。
    彼女の魅力は実は天真爛漫さよりは陰にあると思っている私としては、三谷幸喜さんはよく彼女を見てるなあと感心しましたね。
    いや、重岡由美子さんの見立てなのかなあ、これは?

    日本の俳優は男なら兵隊、女なら娼婦、だいたい似合うという言葉があるようですが確かにそういう面はありますが、金持ちのツンとしたどこか世を達観しているお嬢様から身を持ち崩して赤線からストリッパーのやさぐれぶりの落差を演じ分けた彼女はやはり陰のあるどこか不安定な役をやらせると抜群に映えますね。

    金目当てとはいえ、学生たちが彼女を取り囲んで勧誘しようとする中、颯爽とかき分けて真ん中が道のように開いて現れる一之瀬ゆかりは本当に高嶺の花のお嬢様に見えました。
    家の嫁は「昭和と平成が同時にいるみたな子だね」と彼女を見ながら言ってました。
    タバコをはさむ指が長くて赤いマニキュアが映えてて、また横顔を下からあおりで撮ると咥えたタバコと合っていてやさぐれ感のなかに妖艶さもあって綺麗でしたね。

    >しかし昭和レトロのドラマだとみるのはいささか単純だ。

    そうかもしれません。ただドラマ映画オタクの三谷さんのことですから久世さんのやった向田邦子作品ドラマや黒澤明の晩年の作品「まあだだよ」へのオマージュはあるかもしれません。あくまで私個人の直感ですが。

  2. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: おおしきますらお ♪ が好きです

    こんばんは。

    今Wikiで調べたら、1971年に仲雅美という歌手が歌ってヒットさせたそうです。
    よくご存知で、おみそれいたしやした。
    まさみと雅美、なるほど!勉強になります!

    奥様の「昭和と平成が同時にいるみたいな子だね」発言、さすがです!
    ブログ書くようお薦め下さい。

    >タバコをはさむ指が長くて赤いマニキュアが映えてて、また横顔を下からあおりで撮ると咥えたタバコと合っていてやさぐれ感のなかに妖艶さもあって綺麗でしたね。

    バグ先生、彼女の指先に胸をときめかせたに違いありません。(目に浮かぶようです)

    仰るように天真爛漫もいいけど、あの顔で陰を作らせたら天下一品ですな、まさみ姫は。
    私的には、病気になった彼女に大きな魅力を感じてしまうのですが、共通して言えるのは、イメージとのギャップが大きいほど魅せてくれるということなのかもしれません。(わかったようなわからないような 笑)
    ドラマの中で、学生たちから姫と呼ばれているのがオカシカッタです。

    本当にキャスティングは見事だったと思います。(柴咲コウが云々という人もいるようですが、どこか陰のある表情が役どころに合っていたと思います)

    トロイカ、カチューシャ、ともしび、ポーリュシカ・ポーレなど、哀愁を帯びた名曲多いですよね。
    ヘタをすると日本の民謡より知られているかも知れません。
    今度ダークダックスで聴いてみようっと!


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/531-fee79210
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。