スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家の歴史 その4

2010年04月18日 13:45

「太陽クラブ」出てきましたねー。

「アプレ」なんて言葉、久々に聞いた。

昭和後半生まれの私がなぜこの言葉を知っているかというと、高木彬光「白昼の死角」を読んだことがあるから。

かなり分厚い文庫本で、内容も難しく、中学生には筋を追っていくのが精一杯だった。

読み応え、なんてもんじゃないなあれは。

大人になってから読み返すと、昔わからなかった事も納得出来たりして、これぞ読書の醍醐味だと思わせてくれる。

その本で最初に出てくるのが太陽クラブなのだ。

映画化もされていて、スリリングな駆け引きは小説より面白いかもしれない。(高島彩のお父さんも出てます)


話は急に変わるが、一之瀬ゆかりが東大生っていうのは無理があるんじゃないか? (長澤まさみちゃんが、ではない)

最高学府の学生にしては幼稚すぎるように思えたが。 (一之瀬ゆかりが、ですから 笑)



           asuyarou2.jpg
             義男さんのクラブに鶴岡って人いない?
             彼と知り合いなの?          

           auyarou1.jpg
             オレ、明日にでも退部届だそうと思ってるんだ・・・
             明日やろうはバカヤローよ!




コメント

  1. バグ | URL | -

    どこへいった?ネットトレーダー

    こんばんは、世寡虫さん。

    光クラブ事件をそのまま置き換えた話にしてましたけど、フジですからやっぱりホリエモンのニッポン放送株買占めの件が根底にあったんではと思うのは下衆の勘繰りですかね。
    ホリエモンなどのIT長者を彼が東大出というだけで光クラブの再来だと評した人もいましたし、外資に魂を売り渡した金の数字だけが宙を飛び交って資産が増えたり減ったりするカジノのような金儲け主義と批判もされましたしね。

    ホリエモンは我が家の太陽クラブの若き東大生のようなニヒリズムも戦中派への強烈な反抗心もない、無邪気さと鈍感さが同居していた分、現実への執着心が強く青酸カリを飲んで自殺するというような敗北の決算にも無縁でした。
    株に手を出すことがどこかカタギではないと思われていた時代なら、株に投資すること自体ある種の後ろめたさが漂っていたけどパソコンとモニターの前に株のチャートがグラフで映し出され、それで売り買いの一瞬を見切ってキーを弾いているとゲームのように思えてくるんですかね。

    まあ、私には無縁の世界ですんでこれくらいにしておきます。

    >話は急に変わるが、一之瀬ゆかりが東大生っていうのは無理があるんじゃないか?

    最高学府と思うからですよ。
    東大生が金集めして失敗して自殺してるんですよ。
    資金繰りに困って行き詰まって首をつってしまう零細企業のオヤジさんと変わらないですよ。
    例えが酷くてすみません。でも人間なんてそんなもんじゃないですかねぇ。

  2. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: マスコミも学歴主義

    バグさんこんばんは。

    最高学府が東大を意味するのか大学そのものを表すのかは別にして、猫も杓子も大学生の現在と違い、当時の大学進学者なら当然持っていたであろう知性教養が一之瀬ゆかりの言動から微塵も感じられなかったということです。
    生死をさまよったナターシャは魅力的でしたが、お嬢ちゃん時代のゆかりはどうも好きになれませんでしたね。(もちろんまさみ嬢はとんでもなく綺麗でしたよ 笑)

    私は魑魅魍魎の実社会で成功する人間は、学校の勉強くらいわけなくこなすと考える人間でして(例外は当然あります)、東大はじめ一流大学出身者が多くの分野でリーダーシップを発揮するのは至極当然だろうと思いますね。
    堀江氏も孫氏も三木谷氏もDeNAの南場女史も、皆さん華麗なる学歴をお持ちのようですよ。
    東大出の官僚の中にはそりゃオカシイ人もいるでしょうけど、エリート官僚の大半は使命感を持って激務に耐えていると聞きます。
    私は日本の官僚制度は、マスコミや民主党が言うほど悪くないと思ってるんですがねぇ。(正すべきは正してもらいたいが)

    山崎の自殺を、資金繰りに行き詰まった零細企業のオヤジと比べては親父さんに失礼というものです。(笑)
    私は現代に光クラブというものがあったとしたら、ホリエ◯◯より村上某の方をイメージします。


  3. バグ | URL | -

    学歴も度が過ぎると・・・・

    村上ファンドですね。
    「僕は儲けましたよ。儲けすぎるくらい儲けすぎました。それがなんでいけなかったんですか?」

    顧客の要求に素直にこたえてひたすら走り回って最後は企業倫理や社会秩序に反する銭ゲバにされて検察に逮捕されてしまった。

    >東大出の官僚の中にはそりゃオカシイ人もいるでしょうけど、

    東大出がオカシイというより、官僚世界に存在する旧帝大学閥がオカシイんでしょうね。
    今、大阪高検が逮捕した村木厚子・厚労省元局長の公判が始まってましてマスコミ的にはかなり変更報道がなされてますが、公判を傍聴している江川昭子さんのツイッターには検察側のデタラメぶりがいやというほど公判で焙り出されている様をツイートしていて、私も個人的に読んでるんですが本当に酷い。

    村木さんは四国の高知大学から厚生省入りしたノンキャリアから局長にまで成った人でノンキャリアから局長にまで上り詰めた人はキャリア優先の官僚世界ではマレといわれてるようで相当に努力もし有能な人というだけでなく人柄も良く人格者で障害者のための法整備に尽くした人として与野党、学識経験者問わず信奉者が多く村木さんを救う会も結成されています。

    虚偽有印公文書作成・同行使罪というやつで逮捕されたんですが、政治の世界のゴタゴタに巻き込まれたようで現在、冤罪を訴えて公判闘争中です。
    私はエリート然としている人が有能かどうか判断できる眼がないのでわからないけれども、確かに官僚は一生懸命やっておられる方はいます。
    一方で官民尊卑丸出しの官僚がいることも事実ですけどね。
    最近話題の検察のそれはそのものです。木村元局長の取調べ以外でもそれは酷い取調べの実態が報告されています。
    まあ話題がずれ過ぎてしまうのでここまでにしておきます。
    失礼いたしました。



  4. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    Re: 官僚たちの冬

    独法の仕分け作業を見ていて、天下り役人のトンデモナイ待遇に驚かされます。
    無駄というより税金泥棒に近い天下りは即刻廃止すべきだと思いました。
    天下りが良くないというのは私も同意見ですが、考えてみればこれは公務員に限った話ではなく民間企業でも当然のように子会社に天下りしますよね。
    それと鳩山氏はじめ、世襲議員が天下り反対を唱えても説得力がありませんよ。

    高い教育を受けさせて少しでもいい大学へ、就職は大企業、できれば公務員にと思っている親や子供が多いですよね。
    この意識が変わらない限り、官尊民卑はなくならないと思いますね私は。
    自分の子はエリートと言われる職業に就かせたいと思っているのに、エリート階級には腹が立つという、その感覚は庶民の私もよく分かりますが、矛盾も感じるのです。

    このニュースを初めて知った時、ノンキャリが局長にまでなったということから、私は公務員制度って案外民間よりいいかもって思いました。
    NTTが電電公社だった時代、高卒の女性が最終的に局長にまで昇進した例を身近に知っています。
    年功序列だけで人事をしていたわけではなかったということでしょう。
    そういえば、私たちの頃はまだ指定校制度なるものが残っていて、一定のレベル以上の大学でなければ民間といえども門前払いでしたよね。
    その点公務員採用試験の方は公平に門戸が広がっていました。(当たり前ですけどね)

    エリート官僚は優秀だと私は思っているのですが、いろんな考え方があるでしょうからこの辺でやめておきます。

    ご意見ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/533-3b9126de
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。