スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブクのようなカゲロウ

2010年12月23日 19:46

「ハナミズキ」を買うため書店に立ち寄った。

いいトシこいて恥ずかしいが、急に新垣カオル結衣のことが気になって、原作を読んでおこうと思ったからである。

麻木久仁子に刺激されたせいか、ついでに漢検準1級と英検2級の問題集も購入。

漢検2級を立ち読みで挑戦したが、8割がた大丈夫。

しかし英検2級、これが難題だった。

見たことのある単語ばかりが並んでいるのだが、いかんせん勉強したのは何十年も前の話。

高卒程度の英検2級、松田聖子が英検2級、松田聖子でも・・・

そう思いチャレンジするも全然思い出せない。

自分のアホさ加減に腹が立ってとうとう1冊購入。

ちなみに英検3級の方は難なくクリアー。


図書カードで支払い手続き中、ふと横を見ると、話題になっている水嶋ヒロの「KAGEROU」がある。

今日は3冊買ったから大威張りで立ち読み出来ると思い、ソファー席に移り「KAGEROU」のページをめくった。

とにかく字が少ない、読みやすそうというのがファーストインプレッション。

あらすじを追っていたが、馬鹿らしくなって読む気が失せた。

なんだこれは?

よくある安っぽいファンタジーで、作者のいう “命” を扱った作品とは到底思えないほど浅い。

我慢して半分以上読んでみたが、予想以上の駄作であり、話題作りのための大賞受賞だったことは明らか。

真剣に応募した人達は怒っているに違いない。

先々週だったか、「ボクらの時代」で、五木寛之×北方謙三×宮部みゆきの鼎談を見たが、3人ともに「水嶋ヒロの作家デビューは読書層を広げるということでは意義あること」とコメントしていた。

「未読であるが」と断った上でのコメントだったが、編集者から前評判は聞いていたのかもしれない。

前にも書いたが、小説「世界の中心で、愛をさけぶ」、柴咲コウが大絶賛して超ベストセラーになった作品だが、内容的にはライトノベルズの域を出ていなかった。

だから悪いというわけではなく、ただ大人の読書に耐えうる作品ではないということ。

私、「世界の中心で、愛をさけぶ」も「いま、会いにゆきます」、それから「群青」も読みました。

とくに「セカチュー」「いまあい」は完全にライトノベルズで、読書習慣のない、お子様向け作品。

2作品ともに映画がよかっただけに、映画の後に読むとその内容の薄っぺらさにガッカリさせられる。

反対に「群青」は、本の出来はまあまあなのだが、映画の方がなんともお粗末に仕上がっていた。

このことから私は、「KAGEROU」を是非とも映像化して汚名返上を果たすべきだと思った。

何十万部の印税収入、映画化されれば原作使用料で水嶋ヒロは笑いが止まらないだろう。

そして世間も、これが大賞受賞作品かと、ポプラ社と結託した作者ならびにその配偶者を笑うだろう。

この本を読んで感激したなんていう人はいないだろうが、もしそういう人がいたら、それは感受性豊かなのではなく、単に頭のネジが緩くなっているのです。

そういう人は、さっき書いた「鼎談」という字も知らない人だと思う。

携帯小説として電子書籍のみの販売にすればいいと思ったが、これで街の書店が多少でも潤うなら出版した意味もあったといえるかもしれない。

でも、1470円払うのなら、週刊文春4冊買った方が絶対お得です!





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/616-39171aeb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。