スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上さんにききたい素朴な疑問

2010年12月24日 23:23

Die Wiener Sängerknaben の Stille Nacht です。

第2外国語がチャン語だったという人でもわかると思いますが・・・


昨日の K2 について補足。

あれひょっとして、Kathleen Battle 2号 っていう意味じゃないよね?(さっき思いついたが、絶対違うと思う)


さて今日は、前から疑問に思っていたことを正直に書く。

オーケストラにも合唱にもいえることだが、なぜ観客に礼をするのが指揮者だけなのかということ。

例外はあるのかもしれないが、基本的に演奏者は立ってるだけ、礼をするのは指揮者ということになっている。

指揮者と演奏者に対しての拍手喝采なのだから、両者が礼をするのが自然だと思うが・・・

指揮者が代表で礼をするのだとか、演奏者はあくまで指揮者の作り出す音楽作品の一要素だからとか、いろいろ説があるようだ。

Nコンのスペシャルステージでは、指揮者も中学生も一緒にお辞儀をしている。(指揮者がさせているのだが)

私は中学の時の合唱コンクールで、歌い終わった後、指揮者を含め全員で頭を下げた覚えがある。(教育上?)

サスガに高校の合唱部ではそんなことはなかったが。

中学生の合唱を見ていて思うのは、先生の礼につられ、つい一緒に頭を下げてしまう子がいるんじゃないかということ。

何も一緒に頭を下げろと言ってるわけではない。

ただ、喝采を浴びた中学生が先生と一緒にペコンとお辞儀する姿も、子供らしくていいんじゃないかと思ったのである。


そうそう、あやや部長 & nanaco副部長 & テナー君、他の皆さん、Xmasコンサート、ほんとうにお疲れさまでした。

(たぶん出たと思うが確証はない)




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/623-103f638a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。