スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢ならぬ初妄想

2011年01月12日 23:02

二中が世界へ! 2012ニューイヤーコンサートでウィーン・フィルとの共演決定?


“2011 ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート” を見終わった私は、こんな初妄想をした。

コンマスのキュッヒル氏が、次回指揮者のマリス・ヤンソンス氏にこんな提案をするのである。


 MAESTRO、来年はぜひ “An der shönen blauen Donau" を合唱でやりましょう

 GoodなIdeaだが、Wiener Sängerknaben引っ張り出すのか?

 Wifeいわく、Japanのフクスマというところに非常にExcellentなBoys&GirlsのChorus Groupがいるそうです

 児童合唱団か?

 アマチュア合唱団の中では右に出るものがない、神中学生と呼ばれている集団です

 ほほー たしかにWiener Sängerknabenでは聴衆もいささか食傷気味かもな

 でしょ?Wiener PhilharmonikerももっとGlobalにならないと Surpriseということで話題にもなりますよ

 でもキュッヒル君、50人としてもその遠征費用はどうするんだ?この不景気、スポンサーなんかいないぞ

 No ProblemですMAESTRO 協会が保有しているストラディバリ、あれを1丁売ればそのくらいは余裕です

 100万円のバイオリンとすり替えたらいいじゃないか?どうせ違いなんかわかりゃしないんだから 
 Chisako Takashimaが持ってるときいたが、値打ちなんかあってないようなもんだな

 これで決まりですね

 ところで彼等はドイツ語で歌えるのかね?世界に放送するんだから日本語じゃあダメだぞ

 All Right MAESTRO ラテン語のミサ曲をソラで歌えるくらい優秀ですから心配はいりません

 OK 話をすすめてくれ給え 音合わせの前に、美しくも青くもないドナウを見せてやろう ビックリするぞッ

 アサカソスイを思い浮かべて歌うよう言っときます “美しきあさかそすい” なんてね


 楽しんでいただけましたでしょうか (笑)


さて、いよいよ私の “二中持ちネタ” も残り少なくなってきた。

「二中の部長人事、私はこうみる」 「◯◯◯部長と呼ばせてもらう」 「私が伊達直人だったら」 

この3題しかない。

音楽的話題がゼロというのも悲しい。

ためつすがめつ、ああでもないこうでもないと書いていこう。







コメント

  1. 東京ウォーカー | URL | -

    Re: 初夢ならぬ初妄想

    お初です。

    郡山第二は昨年、NHKワールド放送J-MELOに出演し世界150ヶ国以上にモーツァルトが放送配信されたし(←ご存じですか?)、共演もあり得ないことでもないかもしれませんね。

    因みに、ここのオケ部&合唱のコラボの動画の中では、スティーブ・ドブロゴスは本当に凄いと思います。

  2. 世寡虫 | URL | -

    Re: 初夢ならぬ初妄想

    東京ウォーカーさん、はじめまして。

    J-MELOの件は、Nコン大好きという方のブログで読んだことがあります。
    夢みたいな話ですが、共演できたらどんなに素晴らしいでしょうね。
    ドブロゴスのミサ曲~KYRIE~は聴いたことがありますが、特に弦はプロかと思うほどの名演奏でした。
    どんな曲でも超絶演奏するスーパー中学生たち、これからも楽しませてもらえそうです。
    コメント感謝します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/633-89994219
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。