スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKGでAKGを聴く

2011年08月07日 14:20

今日はiPodtouch用に購入したイヤフォンとヘッドフォンのお話。

ところどころ二中話も入れますから、飛ばさないで読んでね。

ご承知の通り、iPod購入時に添付されているアップルのイヤフォンはお世辞にも良いものとは言えない。

あれで満足している人も多いだろうが、私は二中合唱を自分のできる範囲で可能な限りいい環境で鑑賞したいと考えている。

手始めに手持ちの定価3000円くらいのビクター製イヤフォンと交換してみた。

グーンと音質が上がったが、それでもなんだか人工的な音がしてイマイチだなーと感じた。

低音がよく効いて音にメリハリはあるのだが、不自然な低音でロックやJ-POPにはいいかもしれないが、クラシックや合唱には向かないような気がした。

そこでまたAmazonである。(昔からAmazonのファンなのだ)

価格.comでの評価を参考に熟慮の末選んだのがこれ。


 CIMG0468.jpg CIMG0484.jpg
     定価は1万数千円だが半額以下で購入              本革のケースが素晴らしい 


ビックラこきました。

素人の私でもはっきりわかるくらい全然音が違ってた。

高い金払っただけのことはある。(笑)

分解能が高いというのか、キャシー(妹の方)のソプラノが一音一音粒だって聴こえる。

しかも定位もいい。

左から、キャシー、あやや部長、テノール王子、バス王子と4人の立ち位置までハッキリとわかる。

ステージ映像が脳裏に焼き付いているから先入観だろうと思われるかもしれないが、決してそんなことはない。

これまでのイヤフォンだと、分離が悪いというのか音がごちゃごちゃになって聴こえていた。

音に立体感があると言ったらいいのか、ソリストの後ろで二中オールスターズたちが一生懸命ハモっている様子がわかるくらいステージの奥行きも感じられる。

自然でフラットな印象、一言で表現するなら「精細で真面目な音」ということになるのかもしれない。

これはいい買い物だった。

SONY製が期待以上に良かったので、つい調子にのって海外メーカーのヘッドフォンにも興味が湧き出した。

よくスピーカーの講評などで、「欧州メーカーらしい音作り」というのを見かけるが、一度この耳でその差を体感してみたいものだと思い、いろいろ調べてみた。

オーディオに詳しい人から、AKGというオーストリアはウィーンの音響メーカーがあると聞いた。

AKGと書いて「アーカーゲー」とドイツ語読みするのだとも教えられた。(車のBMWをベーエンベーと読むように)

このアーカーゲー(日本では簡単にアカゲと呼ぶ)、「けいおん」というアニメで女の子がAKGのヘッドフォンをしているというので評判になったらしい。

価格.comでえらく評判のいいK404というのを見つけ、価格もお手頃で海外製品初心者の私にはピッタリだと思い、すぐさまAmazonで購入した。(SONY製もAmazon)

これが実物。

 CIMG0492.jpg CIMG0499.jpg
     折りたたむとこんなに小さくなる                 今時考えられないグレーのコード                    


第一印象はチャチな作りで安っぽく頼りない感じがしたが、これが予想外にいい音を出すのである。

もちろん数万円クラスの高級タイプと比べるわけにはいかないが、数千円クラスのヘッドフォンの中では群を抜いているのではないだろうか。

サイズのわりに低音がシッカリ出ていて、それも人工的にふくらませたような低音ではない。

こもった感じもなく(エージングしました)、力強い低音を再現してくれる。

高音域はSONY製のイヤフォンの方がすっきり透明感があるように思うが、AKGも十分きれいな高音。

合唱はライブ録音が多いが、臨場感の再現という点においてはSONY製をはるかに上回ってると思う。

なんだか合唱がとても楽しく感じられるのだ。

音楽を楽しく聴かせるというのが、この製品の最大の特徴かもしれない。(素人の言うことですからネ)

細かいことを書くと、Nコンや全日本など数十人で合唱する曲、たとえば「手紙」や「YELL」その他宗教曲はAKGで聴いたほうがいい。

しかしアンサンブルコンテスト等、ソリストの声音や緻密な弦楽アンサンブルを堪能するには、これは断然SONY製が適している。

しかし実際のところ、いちいち曲によってヘッドフォンやイヤフォンを付け替えるのは面倒だ。

結局私は人のいるところではイヤフォン、家にいる時はヘッドフォンでという習慣ができてしまった。

もしどちらか一つと言われたら、迷わずAKGの方をお勧めする。

小型軽量(65g)、しかも高音質、合唱のみならず音楽全般特に大きな不満は感じないと思う。

とにかく音楽聴くのが楽しくなってくるヘッドフォンである。

音楽の都ウィーン生まれのAKG(アカゲ)で、楽都郡山で育まれたAKG(安積、安積黎明、郡山二中、郡高)を聴く、至福のひと時である。

合唱鑑賞のお供には最適、もしかすると生声よりいいんじゃないか、AKGでK2合唱を堪能しながらそんなことを考えた。

おしまい。



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 哲人54号 | URL | kMnSPFns

    Re: AKGでAKGを聴く

    二中といえば、最近、管弦楽部の演奏が立て続けにアップされましたね。
    例えば ↓
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm15245411
    上手すぎて、もう笑うしかないですね!

    となると、今後ますます活躍するんでしょうね?、どっちのAKGも(笑)

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. 世寡虫 | URL | -

    凝り性のB型なんです

    もんた江戸民さま

    こんばんは。
    オーディオとか、あまり興味ないですか?
    本格的にオーディオにのめり込むほどお金はないのですが、小遣いでなんとか買える範囲のモノを時間をかけて吟味し、エイヤッと一大決心して購入しております。
    そこそこ(5千円クラス)のイヤフォンあるいはヘッドフォンで合唱を聴くと、これまで感じられなかった部員の息づかいや会場のライブ感とかが味わえて、ますます合唱が好きになりますよ。
    ぜひ購入をお勧めします。(決してAmazonの回し者じゃありませんからネ)
    どこその大臣じゃないですけど、私も思い込みの激しいB型でありまして、外出がままならないこともあってipodにのめり込んでいるというのが実情です。
    出来たら次は、本業の??合唱関連記事を書きましょうね。
    コメントいつもありがとうございます。

  5. 世寡虫 | URL | -

    ビジュアル方面も強豪校

    哲人54号さま

    そうなんですよ、先生!
    数日前、突然3本アップされましたね。もちろん私は速攻で保存し、あとでゆっくり鑑賞させてもらっているのですが、まあその演奏技術の高さと言ったら・・・
    このレベルまで到達するとホントもう笑うしかないですよね。
    ラフマニノフ、ドボルザーク、ホルスト・・・(モーツァルトはどうした?)
    私が純粋に演奏だけを聴いてるわけがない、お察しの通りでありまして、また見つけましたよ美少女を・・・(笑)
    あの学校は合唱部だけでなく管弦楽部にも音楽美少女が集まるんですね。
    そこら辺はまた記事の中で触れたいと思います。
    ヲタが本領発揮して、追随を許さない超キモイ記事を御覧いただくことになるかもしれません。
    コメントありがとうございました。

  6. 世寡虫 | URL | -

    気合いだーッ!

    novさん

    はじめまして。
    会津を旅したことがあるせいか、長州人なのにどこか懐かしさを覚えます。
    AIZUもAKGグループに入りますね。

    >あやや部長とnanaco副部長、新垣カオル姫は確認できませんでした・・・凄く目がいいんですね。

    とんでもない!私はド近眼なうえ、老眼まで入ってるんですから。
    まあ、強いて言えば「気合い」でしょうかねー、何が何でも見つけ出してやるという・・・(笑)

    コメントありがとうございました。
    是非またお立ち寄り下さいね。

  7. 哲人54号 | URL | kMnSPFns

    Re: AKGでAKGを聴く

    フフフ、まさかあの25秒連続ドアップの子、なんて言わないでしょうねぇ?
    でも、溜息をつくタイミング、サスガですねぇ(笑)
    えっ? 別人だとぉ?(笑)

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. 世寡虫 | URL | -

    Re: タイトルなし

    匿名ちゃん

    > LIVE福島・風とロックという音楽イベントで、17日の郡山会場にあの長澤まさみ様が登場ですよ!!(^-^)

    8月かと思ったら9月みたいですね。
    がんばれ福島!がんばれ長澤まさみ!
    ナイスな情報ありがとうございます。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/681-c248e69c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。