スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心揺さぶる歌

2011年08月14日 00:39

合唱好きと言いながら、実際はたいして合唱曲を知っているわけではない。

合唱好きというよりは、“合唱している人が好き” もっと言えば “二中(卒業生含む)の女性女声が好き” ということになるのかもしれない。 

こんな私だから、いただくコメントの中で、こんな曲があるから是非聴いてみて! と教えられても、初めて耳にする曲というのがほとんどである。

これから紹介する曲も、合唱好きの人なら当然知っている曲なのだろうが、私にとってはお初であり、吸水紙にインク一滴落としたようなものだった。

郡山第一中学校合唱部の皆さんが歌われた、「おかあさん」 という曲である。


              

  
  あなたの体に宿り この世に生まれおち 
  愛あふれるやさしさで 包んでくれたね
  語りつくせない 思い出がよみがえる
  あの笑顔とぬくもりが
  今でもこの心と身体に 織り込まれてるよ
  ありがとうと言えなくて これまで来たけれど
  言葉にならないほどに 感謝しています

  年老いてゆくあなたに これからは私が
  注がれてあふれている 愛をささげたい
  木漏れ日のように やわらかくさりげなく
  もし あなたに出会えてなかったら
  愛 もとめてさまよい続けていたでしょう
  今やっと 素直になり 心こめて言える
  ありがとう 生み育ててくれて
  おかあさん 


動機不純の合唱ファンである私だが、この作品には素直に感動した。

一点の曇りもない、まさに明鏡止水のソプラノは、まるで天から降ってくるかのように聴こえる。

落涙の感動とともに、私は唖然とした。

天から降ってきたのは二中合唱だけではなかったのである。

キャシー危うし、という意味ではなく、隠れキャシーがいたという事実に驚いたのだ。


お盆を迎え、家族が一堂に会したという人も多いだろう。

特に今年、様々な事情で離れ離れに暮らさざるを得ない人が大勢いると聞く。

母の日だけでなく今日のような日にも、この歌は歌われ聴かれるべきかもしれない。

曲の解説などいらない。

ただ耳を傾ければいい。

ど真ん中のストレート、バッターアウト! 間違いない。



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 世寡虫 | URL | -

    遅くなりました

    匿名ちゃん さん

    おっしゃるように郡山一中もハイレベルですよね。
    ここの女声、本当に素晴らしいと思いますよ。
    二中など中学生ばなれした合唱団がいなければ、間違いなくトップに立っていたでしょうね。
    とにかく郡山軍団の合唱レベルは話しにならないくらい高いということです。
    地方大会をくぐり抜けるのは、全国大会で勝利するより難しいかもねwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/686-0b44638e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。