スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アアメン アアアーメン ♪ その2

2014年03月20日 22:29

二中の演奏したKv258がとても素晴らしく、なかでもGloriaは秀逸で大いに感動したと書いた。

しかしながら、前回の記事では私の感動の半分も伝えられなかったのではないかと思い、今日改めてその感動を追記することにする。

Gloriaばかりで恐縮だが、動画時間でいうと4分11秒、オールスターズが大写しになるシーンから。

まずはメンバーの容姿端麗な姿に感動、よくぞ揃えたものである。(笑)

そこから始まるフーガが実に見事なのだ。

バス → アルト → テノール → ソプラノの順に

Cum Sancto Spiritu in gloria Dei Patris Amen ♪ を歌い出す。

言葉の誤用と知った上で書くが、それこそ「鳥肌が立つ」思いだった。

以前これと似たような感動を覚えたことがあったが、あれは何だったろう?

そう、あれはモーツァルト最後のシンフォニーKv551最終章のフーガだ。

「ドレファミ音階」と「チャンチャチャーン チャララララララー♪」

 ※ まことに幼稚な表現で面目ない

壮大な宇宙を想起させることからジュピター交響曲と呼ばれているのは御存知の通り。

あの「天上の響き」を私はKv258に感じ取ったのである。

フーガの終わりにテーマが集結しオーケストラが一体となる部分は、二中が一糸乱れずやってのけたアーメンコーラスと共通するように思う。

撫子部長の高らかに歌う姿が印象的な(クリスチャンに違いない)、アアメン アアアーメン♪ に続く、
アアメン アーメン♪ に アーメン♪ が重なるところは何度聴いてもシビレる。(4分34秒)

あれほど純粋で優しいアーメンを重ねられたらモーツァルトも本望だろう。


Gloriaでどれだけ私が感激したかお分かりいただけただろうか?

顔ばっかり見てるわけじゃないんです!合唱を(も)ちゃんと聴いてるんですから!

個人的な要望を書かせてもらうなら、副部長には「大ミサ Kv427 Kyrie」に挑戦してもらいたい。

映画「アマデウス」でサリエリが、訂正箇所のない完璧なモーツァルト自筆の楽譜を見て才能の違いを見せつけられ絶望し楽譜を落とすシーンで使われた曲である。

重みを感じるソプラノなので、重厚なミサ曲も歌いこなせるように思うのだ。

「戴冠式ミサ Kv317 Agnus Dei」もいいかもしれない。

以前記事で、二中合唱部にはモーツァルト後期の宗教曲は楽曲が立派すぎて合わないのではないかと書いたことがある。

今回の演奏を聴いて私は、この意見が間違いであり撤回すべきであるという結論に達した。

中学生でありながらKv258をこれだけ歌えるのなら、ミサブレビスに限らず後期の大曲だってこなせるに違いない。

私はまったく思い違いをしていた。

モーツァルトが合唱団を選ぶのではない、二中がモーツァルトを選ぶのだ。

あまりに素晴らしいソプラノだったので留年してもらって来年も再登板して欲しいが、たぶんハイジが出番を待ってるだろうからそれは無理だろう。(笑)

「証」の時から出場していた二人が最後のアンコンステージに立ち中学生合唱を締めくくる、それを見届けられる我々は僥倖である。

ファンとしてこれに優る喜びはない。


ああ、今日もキモイほど入れ込んでしまった。反省反省・・・(笑)



             amadeus.jpg
               そのうちコンスタンツェちゃんとか登場しそうだな



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    俺は待ってるぜ

    黎明もアンコン常連校になれるはずなのにと思いますが、なにか事情があるのでしょう。
    定演で披露されたシューベルトなどもアンコンには最適で、聴衆の心揺さぶること必至なんですがねぇ。
    でもあの子とあの子が中核になって、あの子とあの子が戦力に加わる今年は、もしかすると・・・
    期待しましょう。
    コメントありがとうございました。

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  4. 世寡虫 | URL | -

    Re: Re:アアメン アアアーメン ♪ その2

    名無しさん

    ご常連さんから見せて頂いたものなので、私もよくわからないのです。
    お役に立てず申し訳ありません。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nohtani45.blog44.fc2.com/tb.php/789-1aa66bf0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。