スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンポと演奏時間

2014年06月29日 09:16

何もわかっちゃいないド素人の私が、素人なりに考えたことを書く。

ご常連さんからKv258のCredoについて、「完成度の高さでは本選だが、テンポに関しては予選の方が好きだ」というコメントを頂いた。

実は私もそう感じるところがあったので、ちょっと気になって演奏時間を測ってみた。

コンマ単位での正確さを無視すれば、Credo全国予選 4分52秒 同本選 4分51秒で、計測誤差を考えれば予選も本選も演奏時間はほぼ同じという結果に。

演奏時間は同じなのにテンポ感がずいぶん違う、これは「雀ミサKv220」の時にも感じた。

全国大会でのKyrieのテンポが、県大会の時より遅くなったと私には聴こえたのだ。

せっかくのシンコペーションがずいぶんゆっくりしていて、正直間延びしているようにも聴こえた。

しかしこれも演奏時間は1、2秒しか変わらない。

テンポが早いとか遅いとかズレているとかよく言っているが、今はテンポと演奏時間の関係が頭の中で???状態である。

ものはついでと、第7回アンコンの福島県大会、全国予選、全国本選における、二中Kv258の演奏時間について調べてみた。

KyrieからGloriaまでの4楽章を3ステージ毎に計測した結果、3ステージともに各楽章の演奏時間は1秒以内の差しかないことが判明。

測定誤差を考慮すればほぼ演奏時間は同じと考えて差し支えあるまい。

テンポの違いは別にして、私はピッタリ演奏時間を決めるマエストロの指揮に改めて驚嘆した。

指揮者というのはこのくらい出来てあたりまえなのかもしれないが、私にはウルトラ技としか思えない。

ちなみにNコンでの演奏時間はというと、

「友」   東北ブロック4分15秒、全国大会4分12秒

「fight」 東北ブロック3分39秒、全国大会3分44秒

「証」   東北ブロック4分11秒、全国大会4分06秒

さすがに演奏時間が4、5秒違ってくると、素人でもテンポの緩急がわかる。

アンコンは、Nコンブロック大会と全国大会との間隔に比べ数ヶ月も開きがある。

にもかかわらず演奏時間に変化がないというのは、マエストロの卓越した技量の成せる技なのか、それとも音楽観の統一がすでに十分図られていたということなのか、そのへんはわからない。

演奏時間ひとつとっても、合唱って奥が深いなーと改めて実感させられた。

またしても二中にヤラれた!そんな感じである。(笑)




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。