スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメアーメンをもう一度

2014年10月29日 23:30

アンコン演奏曲の予想そっちのけで、今日は個人的希望曲を書いておきたい。

昨年は、Missa KV49,66,167,257,262,317,337までは絞り込んだものの、下手な鉄砲方式のなんとも中途半端な予想で終わってしまった。

結局第7回アンコンで二中はKV258を演奏し、私の予想は大ハズレだったわけである。

KV258の名演奏ぶりは二中合唱史に燦然と輝くと言っても過言ではあるまい。

その中でも私を強く惹きつけたのが、Gloriaで歌われるアーメンコーラスであったことは前にあきれるほど書いた。

普通モーツァルトのミサ曲において一番聴き応えがあるのは、もっとも技巧を凝らしたCredoであろう。

KV258においてもやはりCredoは秀でているように思う。

にもかかわらず、私のイチオシはGloriaなのである。

アアメン アアアーメン♪

何の説明にもならないが、とにかくここのフーガが好きなのだ。

そこで私はアンコンの候補曲にあげた中で、似たようなアーメンコーラスが聞ける曲はないか探してみた。

あったあった!

Missa Longa KV262~Gloriaである。

最後のアーメンコーラスに、アメアーメン♪アメアーメン♪が連発し、シンコペのアアーメンアアアーメン♪で締めくくる。

終楽章にしてもいいくらい実に堂々としたGloriaで、昨年来アーメン愛好家(笑)の私としては超おすすめなのだ。

音声を劣化させたうえで一部切り取ってここに貼り付けておく。

   KV262  (音声と画像は関係ありません)


ただ問題もあって、Credoの形式がこれまでのミサブレビスと違うため、演奏時間が非常に長くなっていることだ。

もっともCredoをもれなく演奏する必要はなく、規定時間内に収まるよう適宜選択すればいいわけだ。(適当に言ってます)

Credoは6つに分割されているから、たとえば私なら2,3,6を選ぶ。

モーツァルトミサとしてはこれまで以上に技巧的な曲だが、「人間の顔」を超絶演奏した合唱団なら心配いらない。

もちろんAgnusDeiも優れているから、大きな感動とともに盛り上がること間違いなしだ。

すでに私の妄想の中では、誰と誰がソロでバックコーラスは誰か、おおまかな人選は終わっている。

盛岡での全日本コンクールを聴いたご常連さんに言わせると、ソプラノのあの子(あえて名前は伏せたい 笑)は、特に声がよく響いており、どちらかといえば蘭ちゃんタイプの声質で、十分ソロが務まるとのことだった。

それならばと、私はKV220やKV259のような愛らしい旋律に満ちた楽曲より、技巧的に難しいKV262を薦めたいと思ったわけである。

結局、KV66,167,257あたりに落ち着くか、それとも方針変更でモーツァルトはやらないか、そのへんはわからない。

ただ、「モーツァルトは二中に限る」と堅く信じている私にとって、モーツァルトの聴けないアンコンは、魅力半減どころか魅力喪失に近いものになるだろう。

第1回アンコンから第7回まで、毎年モーツァルトのミサ曲を演奏してきたのだから、二中の伝統と言ってもいいのではないか。

伝統やしきたりは守ってもらわねば困る。(笑)

少なくともキリの良い第10回までは続けて欲しい。

ミサ曲はまだまだ残っているし、二中合唱で聴くモーツァルトを心待ちにしている人は大勢いるはずだ。

お願いだからやってくれ!

やってくんないと関東の二中に走っちゃうぞ!(笑)




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 世寡虫 | URL | -

    Re: タイトルなし

    はじめましてクックさま

    こちらこそよろしくお願い致します。
    貴重な映像をありがとうございました。
    心して聴かせてもらいますね。
    ぜひともこれからもご愛読下さい。
    返信が遅れたことお詫びします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。