スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許してたもれ!

2015年06月20日 13:55

「モーツァルトは二中に限る」という意見というか偏見を堅持している私は、同じ曲を外国人が歌った場合と二中が歌った場合にどう違って聴こえるか、そこのところに大変興味がある。

言葉の観点からも、発声の観点からも、上手さという点で外国人合唱団に敵うわけがないのは当然である。

何しろ相手は西洋人、英語だろうが独逸語だろうが仏語だろうが、言語的にラテン語に近いことには変わりない。

肉が主食の外国人、食い物が違えば当然体格だって違ってくる。

体格が違えば声量も違って当たり前で、しかも相手は大人、こっちは中学生だ。

そういうハンディがあるにもかかわらず、なぜ中学生の合唱に惹かれるのか?

十代の眩しいばかりに輝く声、絹かビロードの手触りのようなハーモニー、恵まれた環境で育まれた証である健康的な美貌・・・

理由はさまざま考えられるが、そのどれもが彼等だけが持つ特権である。

今日は、比較の意味で「ミサ曲Kv275~Kyrie」の動画をイジってみたので公開しようと思う。

前半51秒までを外国人合唱団が、後半を本家二中が演奏しているので聴き比べて欲しい。

背景にアンコン動画を使わず画像を使っても良かったのだが、キャシーやテノール王子が大人の声を出してるように見えて面白かったので動画にしてみた。

Kv275

確かに外国人合唱団は上手い。

音に厚みがあり、演奏に余裕、貫禄みたいなものを感じる。(当然である、大人が歌ってるんだもの)

対して二中は、清潔感、透明感は抜群で、余裕こそ感じられないものの、そのぶん真摯さがあり一切の緩みがない。

どちらがいいかは個人の好みの問題ということになるのだろうが、やはり私はひたむきな中学生合唱に心惹かれる。

なお、彼等からクレームが来ては困るので、この動画の公開は今日限りとさせてもらう。

ご両人ならびに関係者諸氏よ、許し給え!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。