スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳士はポニーテールがお好き

2015年07月01日 21:17

                      
                 ウルスラ

                 
聖ウルスラ学院英智中学高等学校合唱部(宮城県)を聴いた。

思わず永井豪のハレンチ学園風に改名したくなる校名だ。(申し訳ないのでここには書きません)

さてこの学校、合唱のレベルが高いうえ、ビジュアル面でも一歩抜きん出ているという印象がある。

今回のアンコンでもその期待は裏切られることなく、耳でも目でも楽しませてくれるステージだった。

まず驚いたのが、メンバーの髪型である。

前髪の垂らし方が実によく似ていて、合唱部として統一感を出そうとしているのかと勘ぐったほどだ。

演奏そっちのけで髪型を凝視しているうち、気付いたことがある。

なんと16名中ただ一人を除き全員がポニーテールにしているのだ。

だから皆似たような髪型になるのか。

もちろん我らがよっちゃんもポニテにしていて、久しぶりに見るご尊顔は、懐かしくもあり、その表情には高校生らしい頼もしさも感じさせた。

相変わらずの美声はこのアンコンでも十二分に発揮されていて、彼女の超高校級ソプラノがホールいっぱい響き渡っているのが画面からもよくわかる。

「歌」は初めて聴いた曲だったが、高校生の落ち着いた声でしっとり歌われると、中学生合唱ではあまり感じることのない哀愁や悲哀といったものが感じられ、高校合唱ならではの大人の味わいを堪能できた。

「SALVE REGINA」の終わり、マリア合唱でみせたハーモニーも秀逸。

女声の中でもひときわ輝くハイソプラノが聴こえる場面は圧巻というほかない。

ド素人が生意気を言わせてもらうと、顧問の先生のセンス、指導力もタダモノではない気がして、宮城県合唱界をリードする学校に育て上げるべく努力をされているように私には見受けられた。

演奏自体これといった悪いところは見当たらなかったように思うが、このレベルでも本選に進めないのだから、アンコン選抜とは厳しく酷なものである。

歌姫の健在ぶりも美しい女声合唱も堪能できたし、この学校をセレクトしたのは大正解だった。

次はNコンで会えるのを楽しみに待ちたいと思う。




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 世寡虫 | URL | dKmeQNGg

    仰るとおり、彼女のソプラノは至宝と言っても過言ではないと思います。
    コメント有難うございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。