スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇の料理番

2015年07月18日 17:29

TBS「天皇の料理番」の評判がすごくいいらしい。

私も12話すべてを視聴した。

放送開始頃は、どうしても堺正章の元祖「天皇の料理番」と比較してしまい、佐藤健に軍配を上げることは到底無理だったが、回を重ねるたび、見慣れてきたというのも大きいと思うが、佐藤篤蔵も悪くないと思うようになってきた。

堺正章版「天皇の料理番」がBSで再放送されたのは、2年前くらいだったか?

何十年ぶりかに観る実に貴重な放送で、当然私は全話録画した。

きかん坊だった秋山篤蔵が、周囲と衝突しながらも、料理の腕前だけでなく人間的にも大きく成長していく様が、堺のユーモアたっぷりの演技で見事に描かれた傑作である。

脚本はあの鎌田敏夫で、篤蔵の奥さんに檀ふみ、師匠に財津一郎、兄に近藤正臣、同僚に鹿賀丈史、またナレーションには渥美清を起用するなど、当時、「ドラマのTBS」「報道のTBS」と呼ばれた全盛期のTBSが精力を注いだ作品。

正直言って、篤蔵役は堺正章の方が似合っていたように思う。

なんというか、篤蔵の機を見るに敏なところ、すばしっこっさみたいなものが堺に強く感じられたからだ。

奥さん役はこれはもう黒木華が良かった。

檀ふみの演じた奥さんは勝ち気で男まさりな印象、かたや黒木華演じる奥さんは、気が強いというより芯が強くて優しいという印象がある。

このふたりタイプも違えば顔だって全然似てないはずなのに、なぜか篤蔵を見つめる黒木華の顔は、特に目元が檀ふみを思い出させるくらいそっくりなのである。

由紀さおりのような顔というか、平安時代の顔みたいというか。

私はこれで黒木華がいっぺんで好きになってしまった。

成海璃子、蒼井優、黒木華・・・

平成を背負って立つ演技派女優がまたひとり増えたようだ。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。