スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地神明中学校合唱部!も見てみたい

2015年07月18日 16:17

「表参道高校合唱部!」初回を視聴した。

廃部の決まった合唱部を、歌大好き少女が盛り上げていって、最後は家族の絆まで取り戻すウンヌン・・・

たしかそんな謳い文句で番組紹介されていた。

ハーフ城田優が顧問役とか、もうそれだけで見る気が失せ、これが合唱部を舞台にしたストーリーじゃなかったら絶対見ることはなかったと思う。

しかし、主人公の芳根京子という女優が思った以上に好印象で、これからどんな演技を見せてくれるか、私の関心はストーリーよりむしろ彼女に向かった。

開始直後、船を見送る時に歌われた「涙そうそう」も良かった。

この歌は合唱には合わないと思い込んでいた私も、この場面にはグッと惹きつけられた。

「涙そうそう」をこれだけ上手く歌える合唱団はどこなんだろうと考えながら見続けていたのだが、番組終わりに流れたクレジットに「幕張総合高等学校合唱部」とあったので(もう1校は忘れた)、ああ、あの学校ならと合点がいった。

「涙そうそう」の合唱版は、これまで何度も耳にしてきたが、プロ、アマ問わずどの合唱団も夏川りみの足元にも及ばないというのが私の印象だ。

夏川りみが歌う「切なさ」を表現できる団体を私は知らない。

船の見送りシーンに、死者を懐かしむ「涙そうそう」が適切かどうかは別にしても、惜別の情は上手く表現できていたように思う。

ところで、初めて知った芳根京子という女優、どこかで見たような顔なんだが・・・。

ああ思い出した!

キャシー姉がNコンで金賞受賞した時、ソプラノで歌ってた子だ。

東北シンデレラオーディションの最終選考で、新垣カオルさんと激しく争ったと聞いている。(笑)

主人公の最初に着ていた制服があの学校に似ていたというのも、私を錯覚させた一因かもしれない。

あの学校とは、ご存知、福島県立さくら通高校である。

声もいいし、これから注目していきたい女優である。

全校生徒の前で歌う5人だけの合唱シーンがハイライト。

主旋律を歌った天パーの女優もさすがに上手い。

エコーが効いた合唱は、まるで福島音楽堂で歌っているようだ。


1話だけに限って言えば、主人公をまるで朝ドラのヒロインみたいに仕立てた点は評価できる。

しかも能年みたいな「天然」に見えないところがいい。

不安は、城田優や意地悪美少女軍団が「GTO」のようなドラマにしてしまうんじゃないかということ。

できれば、主人公が持ち前の明るさで元気いっぱい一直線に突っ走る、朝ドラ路線で進んで欲しい。

ベタなドラマほど難しいとはよく言われるけれども、私はこのドラマにはベタを期待する。

ベタな演出と歌がうまく一致した時、視聴者は深い感動を覚えるからだ。

今後ポピュラーな合唱曲がたくさん歌われるにつれ、そこそこ視聴率をとりそうな気がしているのだが、さてどういう展開になっていくのだろうか。

一応毎週録画に設定した。


       sekachu42.jpg    
        朔、発声練習するわよ 腹筋に力いれてー ア~ ♪        ヤアアアアー! 





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。