スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカタン予想

2015年09月13日 23:37

私の夢は正夢になるかも?

今年の全国大会は、郡山勢と関東勢が例年以上に激しく争うことになりそうだ。

つまり、郡山二中&五中 対 鶴二&大妻という図式である。

私の耳では何度聴いても上位4校はここ以外考えられない。 (あくまでNコンLIVEで)

どこまでも響きの美しさを追求する郡山と、人の心に訴えかける合唱を得意とする関東。

もちろんそれは私が勝手に抱いたイメージだ。

今年の関東ブロック代表のこの2校に共通して思うのは、課題曲においてとても声がボリューミーで、郡山に比べとても音圧が強く聴こえるということだ。

密度の高い声と言ったらいいのか、強い思いを声に乗せたと言ったらいいのか。

毎年思うことだが、鶴川二中は実にインパクトのある演奏をする学校だ。

昨年の金賞受賞は、そのインパクトに洗練さが加わったからだと推察している。
 
さて今年はどんな味付けをしてくるのか、非常に楽しみである。

惜しむらくは、自由曲に「八月六日」を選んだこと。

極めて反戦意識の高い学校というふうに私は勝手に理解していて、相応しい選曲だとは思うものの、一部の音楽愛好家のみ知っている曲ではなく、広く知られた「原爆を許すまじ」を選曲すべきと思ったのである。

「原爆・・・」の方が音楽的にも数段格上だと思うが、歌詞がコンクールに相応しくないからなのかもしれない。

以上、イチャモン終わり。

さて、大妻中野は久しぶりにその声を聴いたような気がする。

私の中では東京の女声合唱団というと、すぐに思い浮かぶのは豊島岡女子と清泉女学院くらい。

女声合唱なのに、声にパワーを感じるし、とてもエネルギッシュな演奏に思えた。

落ち着いた声は高校生の合唱を聴いているようで、ハーモニーもバランスがとれていて心地いい。

名立たる強豪を打ち破って全国進出するだけのことはある。


コンクールが混声ばかりでは面白くない、やっぱり女声合唱がないと、そう思うのは私だけではないはず。

だから混声3団体と女声1団体を上位4校に選んだというのも、あながち間違ってはいないだろう。

大間違いだったりして、アハハ。

4校以外にもとんでもない実力を秘めた学校があるかもしれないので、もう一度じっくり聴いてみようと思っている。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。