FC2ブログ

第二中nがく 栄えよ永久に~♪

鼻濁音で思い出すのが、数年前に福島からかかってきた配送日を知らせる一本の電話である。

彼女(推定60歳くらい)の東北訛りがあまりに強烈で、もちろん用件は理解できたし、朴訥な話し方に人柄の良さも伺えて好印象だったのだが、私には日本昔話を耳元で囁かれているようで、日本の果てから荷物が届くんじゃないかと思うほど、衝撃的な話し方だった。

いつか郡山の人にその件を話したところ、今の若い人たちはそんなに訛っていない、二中オールスターズの皆さんだって、そこまで訛って話したりはしないはず、とのことだった。

確かにこれまで聞いたことのある二中オールスターズキャリア組の皆さんの話し方からは、それほどの訛りはなかったように思う。

暇な私は、「下弦の月があんなに輝くように」をひとまず横に置き、「秘蔵オールスターズ肉声コレクション」を引っ張り出して、彼女たちの声を改めて聞いてみることにした。

こういう時、頼りにしたくなるのが、あやや部長のコメントである。

彼女なら正真正銘由緒正しい東北訛りを聞かせてくれるはずで、期待しながら再生を試みたのだが・・・

あちゃぁ、映像ファイルは保存されているのに、再生ができない。

たしか数年前までは再生できたはずなのに、PCやソフトが変わるうちに対応不能になったのかもしれない。

しかたないから撫子部長のコメントを聞いてみる。

少し訛ってはいるものの、日本昔ばなしを聞いてるほどではなく、もちろん鼻濁音は完璧。

しかし家庭でもこんなふうに話しているとはサスガの私も思ってない。

「こんどフランプールの「あがす」歌うんだげっちょも、パパもママも聴いてくんちぇ」
「んだか 楽しみだない」
「いまがらちょごっど歌ってみていいべか?」
なんて喋ってるんだと思う。(笑)

昨年の忽那汐里部長のコメントはまだ記憶に新しい。

”自分以外の人たち””音楽が膨らみやすく”、風邪で鼻声だったのでなければ彼女も完璧な鼻濁音である。

「ねnがいnごとのもちnぐされ」は意識せずともお茶の子さいさいで歌えたはずだ。

そういえば「心を込めて歌います チーム二中 絆」の掛け声で、忽那部長の声の方が、副部長の池田伸子よりハイトーンに聞こえたが、話す声と歌う声のトーンは違うものなのかもしれない。

二中オールスターズお歴々の声を全部ここに書いていく余裕はないので、残念だがここで端折る。

本当は3、4日かけて、じっくり、根掘り葉掘り、重箱の隅を突き回しながら書いていきたいところだ。(笑)

演奏時の映像はもちろん、肉声コレクションもたいへん貴重である。

歌声と話す声がマッチする人もいれば全然そうじゃないという人もいる。

また、御尊顔と声のギャップを確認できるという意味でも実に興味深い。

古いところでは、キャシー先生の中学高校時代のインタビュー映像。

彼女は中高と日本一有名な部長さんだったから、いろんな場面で声を聞くことが出来る。

やはり出色は定期演奏会での挨拶やトークだと思っている。

あ、そうそう、私は新垣カオルさんの声も知っている。

たしかこれも定期演奏会でのトークだった。

あやや部長、nanako副部長へのインタビューは耳にタコが出来るくらい聞いた。

キャシー副部長は、アイラブで金賞を獲った時のステージインタビューと定演でのトーク。

リリー副部長は初回「明日へ」で。

小郷改め沢木ルカ部長、撫子、蘭、ハイジ・・・

セカオワが二中訪問した時の部長コメント、狩野恵里リーダーの声も聞いた。

このようにキャリア組の声は放送やDVDでだいたい聞いてるような気がするが、唯一心残りなのが、オリーブ副部長の声を聞いていないことである。

本当なら全国コンクールで、「心をこめて歌います」宣言を聞かせてくれるはずだったのに・・・。

かつて彼女とクラスメイトだった男子諸君を心底羨ましく思う。(笑)

鼻濁音の話が全然関係のない話になってしまった。

今年、「心を込めて歌います チーム二中 絆」を聞くことは叶わなかったが、来年は東北弁のメリットを活かしたこういうメッセージに変えたらどうだろう。


①『 音楽の街郡山から 輝く歌声をお届けします! チーム二中 絆!』 あるいは、

②『 音楽の街郡山で育まれた 私達の歌声をどうぞお聴きください! チーム二中 絆!』

③『 私達の歌声で被災地の方々に元気をお届けできればと願っています! チーム二中 絆!』

④『 被災地の復興を心から願って歌います! 輝いた歌声が皆さんに届きますように! チーム二中 絆!』

⑤『 被災地の方々を少しでも明るくする、そんな輝いた演奏が出来るよう願っています! チーム二中 絆!』


被災地の方々向けばかりになってしまったが、寿限無のようになりそうなので止める。

私的には①か④がいいんじゃないかと思う。(笑)

輝く、願う、歌声、この3つを入れた上で、欲を言えばあと2つくらい欲しいところだ。

二中校歌の二番なんか理想的である。

安達太良の峯はかnがやき
あこnがれは世界に通う
友情の歌nごえよ
雲こえて果てなくひびけ
高き文化を我らは仰nぐ

東北人である二中合唱部が歌う校歌だからこそ味が出るのかもしれない。


        teamk2jhs2017
心を込めては歌えませんけど・・・お聴きください「ねnがいnごとのもちnぐされ」    


世寡虫
Posted by世寡虫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply