FC2ブログ

そぷらのがかり

五中の女声パートの構成人数について調べてみた。

あんたも好きねぇと呆れた声が聴こえてくるが、ムシムシ。

全国コンクール課題曲の映像を見て、私は、ソプラノ10人、アルト15人、男声10人で構成されていると確信した。

理由は、あぁ辛く痛みがあ~るから ♪ で仰ぎ見られる4・3・3の10名がソプラノに違いないと思ったからである。

全国コンクールの映像では、ソプとアルトが、旋律は違っていても同じ歌詞を歌うので、ソプアルトの境界付近に立つ子がどちらを歌っているか見分けがつかない。

だから曖昧さを残したまま、映像を信用するしかなかったのだ。

しかし、こと女子部員に関しては常々正確無比でありたいと考える私は、わずかな曖昧さも許すまじと、映像の隅から隅までチェックしてみることにした。

まず、下弦の月があんなに輝くように~♪ で歌われる、ソプラノのオブリガート部分をじっくり観察した。(キモいでしょうけど、ここは我慢してください)

アルト(女声Ⅱ)の、下弦の~月が~あんなに~輝く~ように ♪ に重なる、ソプラノ(女声Ⅰ)のWoo~を何人で歌っているか?

私の目利きによるとこれが8人なのである。

映像をモザイクが出るまで拡大し確認したうえに、高精細なテレビでも再確認したから間違いない。

アルト寄りに立つ2人は、あんなに輝くように ♪ と歌っている。

つまりソプラノ前列3・中列2・後列3の8名でオブリガートを歌ったということである。

もちろんソプラノが女声Ⅱを歌っちゃいけないことはないのだが、私が混乱するのでやめてもらいたかった。(笑)

念には念をということで今度は東北コンクールの映像でチェックしてみる。

なんだ? 今度は9人が歌ってるぞ!

しかも全国で下弦の~ ♪ と歌ってた2人が、東北ではWoo~と歌ってるし・・・

どうなっておるのだ? 私の見間違いか?

こういう時困るのが、私自身まだ顔の識別が十分にできていないということだ。

どの子が旋律を歌い、どの子がオブリガートを歌うようになったのか数回見ただけではわからない。

これが二中だったら、たちどころに判明したはずである。

早急に五中の(も)顔面鑑定が必要であると痛感した。

他にも東北コンクールで識別できる箇所がないか探してみた。

今日も あの月のように ♪ で確認すると、全国コンクールでソプラノ10人衆として映ってた子が、低音で歌われるアルトの、あの月の~ ♪ を歌っているように見える。

(S) きょうも ──── 月のように ♪
(A)   あの月の~♪

文字で書くとこんな感じだろうか。

この部分は、ソプとアルトが掛け合うように歌うところだから、パートの識別は比較的容易だ。

ということは、あの子は東北でアルトを歌い、全国でソプラノを歌ったということになるが・・・。

私の頭はもうシッチャカメッチャカだ。(笑)

8人で歌おうが何人で歌おうが、ソプラノであることには変わりがないので、次に、生~まれてゆく~ Hmm ♪ を観てみることにした。

おおっと、今日はここで時間切れだ。



        WS1991.jpg
          ハッキリさせてもらいたい(笑)



世寡虫
Posted by世寡虫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply